18日 関東は強風、北海道は湿った大雪で荒れ模様

tenki.jp / 2014年3月17日 16時35分

明日は日本海を低気圧が進み、全国的に南風が強まるでしょう。交通機関への影響に注意を。北海道は湿った雪が降り、大雪の恐れがあります。

予想天気図

予想天気図


関東は強い南風に注意

明日は前線を伴った低気圧が日本海を進むでしょう。低気圧や前線に向かって、全国的に南風が強まる見込みです。
関東でも南部を中心に風が強まる予想。東京では10メートルほど、千葉では15メートルほどの風が吹く見込みです。風の強い状態が続きますので、明日は丈の短いスカートよりパンツスタイルの方が良さそうです。
南風で気温は今日以上に上昇。最高気温は20度くらいまで上がる所が多い見込みです。
関東では、まだ今年は「春一番」は吹いていませんが、明日は条件の揃う可能性が高くなっています。
関東の春一番の条件は
①立春~春分の間
②南よりの風
③東京で8メートル以上の風
④最高気温は前日より高い
⑤日本海に低気圧
「春一番」というと語感が良いですが、強い南風ですので、交通機関への影響などに注意が必要です。

南よりの風が強まる

南よりの風が強まる


北海道は湿った重たい雪に注意

低気圧が通過する北海道は広く雪が降り、大雪の恐れがあります。雪にしては気温は高めで、湿った重たい雪となるでしょう。電線に着雪して、停電してしまう可能性もありますので、懐中電灯や暖のとれるものを準備しておくと良さそうです。
東北や北陸も雨や雷雨で、雨脚の強まることがあるでしょう。雪の多く残る所では、ナダレや屋根からの落雪にも注意が必要です。
この先も天気の移り変わりは早くなりそうです。木曜日には新たな低気圧が日本付近に近づき、荒れた天気の所があるでしょう。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング