明日は太平洋側を中心に荒れた天気

tenki.jp / 2014年3月19日 14時54分

明日は低気圧が本州の南岸を進み、太平洋側を中心に荒れた天気に。関東も朝から雨で、午後は雨脚が強まるでしょう。冷たい雨で、真冬の寒さとなりそうです。

予想天気図

予想天気図


関東は冷たい雨 午後は雨脚強まる

明日は本州の南岸を低気圧が発達しながら進み、太平洋側を中心に荒れた天気になるでしょう。
九州では今夜から雨が降りだし、四国から東海も日付の替わる頃から雨となる見込みです。
関東や東北南部も朝には雨が降りだし、午後は雨脚が強まるでしょう。九州から関東を中心に雨量が多くなる見込みです。東海や関東では総雨量が50ミリ以上のまとまった雨の所もあるでしょう。
沿岸部では風も強まりますので、丈夫な傘が良さそうです。
雨や北風で、関東は日中も気温の上がり方は鈍いでしょう。最高気温は10度に届かない所が多い見込みです。東京は9度の予想で、10日ぶりに10度に届かないでしょう。真冬の寒さが戻ってきますので、厚手の上着を着た方が良さそうです。一方、銚子など沿岸部では南風で、今日より気温の上がる所もある見込みです。

予想気温

予想気温


東北北部は湿った雪 大雪や停電に注意

東北北部では雪や雨で、大雪の恐れもあります。湿った雪で重いため、電線に着雪して、停電の起こる可能性もあります。懐中電灯や暖をとれるものを用意しておくと安心です。


明後日は全国的に北風 強く

明後日は低気圧は北日本の東海上へ進み、更に発達する見込みです。北海道は東部を中心に雪が降り、ふぶく所もあるでしょう。全国的に北風が強まりますので、雨がやんだ地域でも強風や高波に注意が必要です。
春は北の寒気と南の暖気が押し合い、温帯低気圧が発達しやすい季節です。発達した低気圧が近づくと時には台風並みの暴風が吹き荒れることもありますので、今後も春の嵐には注意が必要です。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング