季節が一気に進み、桜前線も北上 1か月予報

tenki.jp / 2014年3月20日 18時9分

20日、気象庁は1か月予報を発表した。北海道から九州は、4月のはじめまで気温の高い状態が続く。特に3月の終わりは、この時期としてはかなり高くなる見込み。気象台は「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表し、農作物の管理やなだれに注意するよう呼びかけている。暖かさで、桜前線も順調に北上しそうだ。(日本気象協会)


4月はじめまで気温は高め

あすからの3連休は、はじめは全国的に北風が冷たく、北日本では荒れた天気となるが、日毎に気温が上がり季節が一気に進む見込み。
北海道から九州は、来週から4月のはじめまで気温の高い状態が続き、特に来週は初夏の陽気となる所もある。気象台は、北海道から九州に広く「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表し、農作物の管理や、積雪の多いところではなだれに注意するよう呼びかけている。
一方、沖縄の気温は平年並みか低い。
全国的に天気は短い周期で変わるが、平年に比べて晴れる日が多い。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング