3月下旬は記録的暖かさ 4月は寒の戻りも

tenki.jp / 2014年3月31日 16時59分

東京の3月下旬の日最高気温の平均値は観測開始以来、1番高く、記録的な暖かさでした。今週は全国的に曇りや雨の日が多くなり、週末は寒の戻りの所もありそうです。

今日もたくさんの桜の便りが届きました。鹿児島で満開になり、九州は全地点で満開に。そのほか、名古屋や横浜、静岡でも満開。福井では開花し、桜前線は北陸入りしました。日曜日に満開を迎えた東京の桜の名所では、今日はお花見をする人でにぎわっています。
さて、そんな東京の3月下旬は記録的な暖かさでした。3月下旬の日最高気温の平均は18度4分(午後3時まで)で、1942年と2007年の記録である18度2分を超えて、観測開始以来一番高くなりました。

31日の日中 千鳥ヶ淵の様子

31日の日中 千鳥ヶ淵の様子


名古屋で霜が降りるくらい冷える日も

新年度スタートの明日は九州から関東は晴れて、風も弱くポカポカ陽気に。絶好のお花見日和になるでしょう。東北や北海道の強い風も次第に弱まる見込みです。
ただ、ポカポカ陽気は長続きせず、水曜日以降はすっきりしない天気の所が多いでしょう。
本州の南岸を進む低気圧の影響で、太平洋側を中心に雲が広がりやすく、雨の降る日も。関東でもこれまでほどの暖かさはなく、上着がないとヒンヤリする日もあるでしょう。
週末には北海道付近を低気圧が通過し、北海道や東北を中心に風が強まりそうです。
低気圧が通過したあと寒気が流れ込み、今度の土日は寒の戻りとなるでしょう。名古屋や大阪でも最高気温は15度に届かない見込みです。名古屋では日曜日の最低気温は3度と霜が降りるくらいの冷え込みになるでしょう。
今週は寒の戻りとなる日もありますので、新年度の忙しい時期に、風邪をひかないようお気をつけ下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング