10日 あちらこちらで雨雲や雷雲が発達 1時間に50ミリ以上の雨も

tenki.jp / 2020年9月10日 6時36分

メイン画像

きょう10日(木)は全国的に大気の状態が非常に不安定で、あちらこちらで雨や雷雨となりそうです。特に東海では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にご注意ください。

全国的に大気の状態が非常に不安定

画像A

きょう10日(木)は、西日本から東日本と、日本海からオホーツク海にそれぞれ前線が停滞します。この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、さらに上空およそ6000メートル付近には氷点下6度以下の寒気が流れ込むでしょう。そのため、全国的に大気の状態が不安定となりそうです。あちらこちらで雨雲や雷雲が発達するでしょう。四国や近畿、東海、関東甲信、北陸、東北、北海道では局地的に激しい雨が降る見込みです。東海では1時間に50ミリ以上の滝のような非常に激しい雨の降る所がありそうです。九州や中国、四国などでは晴れ間も出るものの、天気が急変しますので、お出かけの際に晴れていても雨具をお持ちになると良いでしょう。あす11日(金)午前6時間までの24時間に予想される降水量は多い所で、東海で120ミリ、北海道、東北、関東甲信で80ミリとなっています。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にご注意ください。

猛暑落ち着く

画像B

最高気温は沖縄と九州から近畿は昨日と同じくらいか高い所が多いものの、東海から北海道はきのうよりグッと低くなりそうです。35度超えるような猛烈な暑さは落ち着きそうです。高い所でも32度くらいでしょう。特に北海道ではきのうより5度以上低くなる所が多く、ここ数日、真夏日が続いていた札幌では23度くらいになりそうです。一気に涼しく感じられますので、羽織る物があると良さそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング