宇都宮でひょうを観測、関東は激しい雷雨や突風に注意

tenki.jp / 2014年4月4日 15時14分

関東は大気の状態が非常に不安定。北部に活発な雷雲がかかり、宇都宮でひょうを観測。竜巻注意情報も発表。都心も含め関東は今夜9時頃まで所々で雷雲が発達する恐れ。

雨雲や雷雲の様子

雨雲や雷雲の様子


今夜9時頃まで 大気の状態が非常に不安定

上空に寒気を伴った気圧の谷が通過中で、関東地方は大気の状態が非常に不安定になっています。午後2時半現在、関東北部に活発な雷雲が発生しています。宇都宮でひょうを観測。栃木県や茨城県、千葉県や埼玉県には竜巻注意情報が発表されています。
関東地方は今夜9時頃まで大気の非常に不安定な状態が続き、所々で雨や雷雨になるでしょう。関東南部などの今は雨の降っていない所でも天気の急な変化に注意が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、急な強い雨にご注意下さい。お花見などでは急に突風が吹いて、テントなどが飛ばされたりする危険性もあります。また、ザッと激しい雨が降って、道路が冠水する恐れもあります。
急に空が暗くなったり、ゴロゴロと雷鳴が聞こえたら、カミナリ雲が近づいているサインです。無理をせず、建物の中に早めに移動するようにしましょう。
活発な雨雲やカミナリ雲が発生している様子は下記リンクの「雨雲レーダー」でも確認できます。赤やピンク、オレンジ色など強い雨を降らせるような雨雲が近づいてきたら、注意が必要です。


土日も天気の急変に注意

土日も上空の寒気の影響で、関東地方は変わりやすい天気でしょう。日中は晴れ間がでますが、あちらこちらでにわか雨や雷雨がありそうです。
今日は宇都宮や銚子で桜が満開になるなど、今週末は所々でお花見を楽しめそうですが、突然の雨にぬれないよう注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング