10日の関東甲信 日中の気温にだまされないで

tenki.jp / 2014年4月9日 15時29分

10日の日中、関東甲信は日差しと南風で気温が25度前後まで上がる予想です。ただ、夜は一転して北風に変わり、気温が急降下。最高気温と21時の気温差が、数年に1度レベルの所もありそうです。

服装選びに迷う時期ですね。
10日は南風が吹いて、一段と気温が上がりそうです。
最高気温は、前橋と甲府は25度、東京でも24度の予想です。
関東で、今年最も気温が上がったのは、
きのう群馬県の上里見で観測された24度9分。(9日15時現在)
今年は、まだ、関東で25度を超える「夏日」になっていませんが、
あすは、いよいよ『関東での「夏日」初日』になりそうです。
気温の感じかたは、暑がりや寒がりと、人それぞれではありますが、
このくらいまで気温が上がると、昼間は汗ばむくらいの陽気です。
シャツ1枚で十分で、
腕まくりをしたくなるくらい、という方もいらっしゃるかもしれません。
でも、この暑さは一時的です。

あすの関東甲信地方は、寒冷前線が南下してきます。
前線の南側は、南風が吹いて、暑いくらいですが、
前線の北側には、冬ほどの強さではないものの寒気があって、北風が吹いています。
関東では、風向きが、南から北に変わり、
夜は、グッと冷えてきそうです。
予想されている最高気温と21時の気温の差を比べてみると…


昼と夜の気温差 数年に1度レベル

東京は、その差が11度。
前橋と長野は15度以上で、これだけの温度差は、数年に1度レベルです。
気温が5度違うと、洋服1枚分に相当するといわれていますので、
長野や前橋では、昼間はシャツ1枚でも、
夜は、3枚多く重ね着をするくらい、急激に冷えてきそうです。
春は気温の変化だけでなく、環境の変化も大きい時期。
体調管理には、くれぐれもご注意下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング