大坂なおみに敗北ブレイディ 初Vに一歩及ばず吐露「GS制覇の達成可能な場所にいる」

THE ANSWER / 2021年2月20日 22時3分

大坂なおみに敗れたジェニファー・ブレイディ【写真:AP】

■全豪OP決勝で大坂なおみに敗戦

 テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。4大大会は昨年の全米オープンに続く連勝&通算4度目V。25歳のブレイディは初の4大大会決勝で準優勝に終わり、会見で心境を明かした。

 ブレイディは第1セットで粘りを見せたが、取り切れなかった。大坂のパワーテニスに対し、ロブショットなどでポイントを重ねる場面も。しかし、力及ばす対大坂は1勝3敗となった。試合後の会見ではこう語っている。

「私は(決勝でプレーする)レベルにあると思う。グランドスラム制覇は達成可能。届くところにあると思う。会場の外では明らかに緊張していたけど、同時に大丈夫だという気持ちもあった。気分はノーマルだった。予想していた気持ちとは違った。去年だったらそうは思わなかった。このレベルでも心地よかったということは言える」

 昨年全米オープンで初めて4大大会4強に進出したが、大坂との準決勝はフルセットの末に敗れていた。(THE ANSWER編集部)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング