サントリーサンバーズ荻野監督「全員バレーで開幕戦勝利目指す」

THE PAGE / 2017年10月13日 20時51分

写真

[写真]今シーズンに向けて豊富を述べるサントリーサンバーズの荻野正二監督(右)と米山達也キャプテン=13日夜、大阪市北区で(撮影:柳曽文隆)

 大阪府箕面市をホームタウンとするバレーボールのV・プレミアリーグ男子「サントリーサンバーズ」の2017/18シーズン記者会見が13日夜、大阪市北区のホテルで開かれた。今季からチームの指揮を執る、荻野正二監督は「全員バレーで開幕戦勝利を目指したい」と意気込みを述べた。

選手たちには120%やりきってもらいたい

 今シーズンのサンバーズのスローガンは「つなぐ」で、荻野監督が指揮を執り、新キャプテンには米山達也が就任するなど、選手やスタッフが一丸となりタイトル獲得を目指すサンバーズ。

 会見冒頭で荻野監督は「前に2年ほど監督をして5年空きました。5年、自分なりに勉強してブラジルに行かせて頂き、バレーボール指導者としての環境を整えて帰ってきて監督をすることになりました」と語った。

 また「根本的にバレーボールは『ボールを落とさない』ということで、選手たちには120%やりきってもらいたい。選手も一生懸命やってくれて、尻上がりに調子が上がってきている。練習を信じて、選手を信じて、スタッフを信じて、全員バレーで開幕戦勝利を目指したい」と力強く述べていた。

キャプテン「大阪のホームゲーム、なんとしてでも勝つ」

 一方、キャプテンの米山選手は、チームがいい調子に仕上がっているとし「開幕は東京ですが、次のゲームは大阪ホームということで、なんとしてでも勝って、大阪のホームゲームでも頑張っていきたいと思います」と強い決意を表していた。

THE PAGE

トピックスRSS

ランキング