【インタビュー】花澤香菜の4thアルバム『Opportunity』は、“UKサウンド”がテーマの一枚。シンプリー・レッドのミック・ハックネルなどが楽曲提供

ザテレビジョン / 2017年2月22日 13時6分

花澤香菜の4thアルバム『Opportunity』は2月22日リリース

花澤香菜から4thアルバム『Opportunity』が届けられた。“UKサウンド”をテーマに制作された本作には、空気公団がプロデュースした「透明な女の子」、秦 基博とのコラボレーションによる「ざらざら」などのシングル曲のほか、シンプリー・レッドのミック・ハックネルが作曲した「FRIENDS FOREVER」、1990年代初頭のマンチェスター・サウンドを想起させる「Marmalade Jam」、花澤がイギリスを訪れた時に印象的だったという“brilliant”をタイトルに冠したポップチューンなどを収録。豪華クリエイター陣による洗練された楽曲と花澤香菜の豊かなボーカル表現がたっぷりと堪能できる作品に仕上がっている。

──ニューアルバム『Opportunity』がリリースされます。今作のテーマは“UKサウンド”ということですが、手応えはどうですか?

すごくいいです! 特に“UK(サウンド)”を聴いてきた方々はものすごく食いついてくれますね(笑)。そういう音楽を知らない方も「歌い方のバリエーション、いろんなタイプの曲が入ってるアルバムだね」って言ってくれて。シメシメって感じです(笑)。

──花澤さん自身も新しいボーカルの表現が出来たという実感がある?

そうですね。曲調的にも新しいものに挑戦していますけど、歌の部分で言うと、ライヴを重ねてきたことが大きくて。2015年に“かなめぐり”というアコースティック編成のライヴ・サーキットを開催したんですけど、その時に“音数が少ないなかで、どう表現するか?”ということを考えたり。今回も北川勝利さんにボーカル・ディレクションしていただいたんですが、“あの時のライヴの感じで歌ってみよう”という共通認識が出来ていたことも良かったですね。

──なるほど。初回盤に入っているフォトブックはロンドンで撮影。ロンドンの印象はどうでした?

もっと都会だと思っていたんですけど、わりとのんびりした雰囲気でしたね。夕方5時くらいになると、みんなパブでビールを飲んでたり(笑)、それぞれ自由に楽しんでいる感じがいいなって。居心地が良かったし、食事もすごく美味しかったんですよ。移民の方が多いせいか、いろんなジャンルのお店があって、ぜんぜん飽きなかったです。

──もちろんパン屋にも…?

行きました! ホテルの近くにグルテンフリーのパン屋さんがあったんですよ。向こうは健康志向が強くて、オーガニック・スーパーもいっぱいあって。あと、狙っていた北欧系のお店にもロケバスで連れていってもらいました。そこのシナモンロールが今まで食べたことがない感じだったんです。シンプルなんだけど、心地良くスパイシーで。香りがセクシーでした(笑)。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング