尾上松也「モアナと伝説の海」で“声優のすごさを実感”

ザテレビジョン / 2017年3月10日 18時0分

モアナ役を務めた屋比久知奈と、マウイ役を務めた尾上松也

美しい海と、その海に選ばれた少女の心の成長を描いたディズニー・アニメーション映画最新作「モアナと伝説の海」(3月10日公開)で、日本版声優を務めた屋比久知奈と尾上松也(以下、松也)。ディズニーのヒロイン史上最大級のオーディションで選ばれた屋比久と、共に声優初挑戦となった松也に、映画に対する思いと役柄について語ってもらった。

――役者という立場から、声優をやられてみてどうでしたか?

松也:とてもうれしかったです。まず、観客からキャラクターとして見えていたい、マウイを通して僕が見えないようにしたいという気持ちでさせていただきました。

日本のアニメーションの収録は分からないですが、今回は元々口の動きやタイミングが合うように作られた本国で録ったものがあって、秒数が決まっている中で感情を入れてせりふを言わないとならなくて。

実際にアフレコをしてみて思ったことは、決められた制限がある中で演じるのはすごく難しかったということ。

例えば、自分はこういう表現にしたいとか、自分の感覚でやってみようとすると合わない場合がある。ですので、できるだけキャラクターの感情に自分を合わせていくのですが、集中力が必要で細かな作業でした。今まで見てきたアニメーション声優の皆さんのすごさを実感しました。

――屋比久さんも初めての声優ということでしたが、いかがでしたか?

屋比久:本当に分からないことだらけで、声優について勉強しようと思って、調べてみたんですけど(笑)。そんなことでは分からない世界だったので、体当たりでやってみるしかないなと思って。

声の世界の奥深さとか、面白さっていうのを今回とても感じて、こんなにも声一つでいろんな表情が見えるんだと、声優という仕事を尊敬しました。

それから、私自身もっともっと学びたいという思いが出てきて、表現の幅を広げたいと思いました。今回とても貴重な体験をさせていただいて幸せに思います。

――マウイは陽気なキャラクターですが、松也さんと共通する部分はありますか?

松也:本能とノリで生きている部分ですかね。結果、それが良くない方向に行っても、とりあえずなんとかなる、みたいな打算的な感じは近いと思います(笑)。

僕はマウイみたいに繊細ではないので、そこに対する闇はないですが。マウイは人に認められたかったり、愛されたかったりというのがあって、一生懸命やるんですね。

本編では描かれていないところで、“テ・フィティ”の心を取るまでを想像すると、勢いとノリじゃないかなと思います。そういう共通項はあると思いましたね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング