たけし久々の主演ドラマに「ちょっと荷が重かった」

ザテレビジョン / 2017年4月5日 21時54分

「破獄」会見に出席した吉田羊、ビートたけし、山田孝之(左から)

4月12日(水)に放送される「テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』」(夜9:00-11:18ほか)の会見が5日に行われ、出演するビートたけし、山田孝之、吉田羊が登壇した。

同ドラマは、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説が原作で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化。

たけしは“監獄の守り神”として絶対的自信を持つ看守・浦田進役、山田は浦田と対決する脱獄犯・佐久間清太郎役、また吉田は浦田の娘・美代子を演じる。さらに、吉田は作品のナレーションも担当する。

3年ぶりのドラマ出演となるたけしは「ドラマは『赤めだか』(TBS系)以来になるのかな。でも映画をやっているので、あまりブランクは感じなかったです。

今回の作品は刑務所の中で看守と囚人という、狭い人間関係の中で敵対する2人を描いています。その中で、囚人の執念というか…。彼の脱獄を阻止するというのは、していることは一見激しく見えるのですが、根底には家族愛やそれぞれの過去がある。

一般の社会と隔離された世界でも個人の生き方がきちんと存在するということを描いていて、自分にはちょっと荷が重かったんですけども、挑戦しました」と語った。

また、山田は「役作りが結構大変で、トレーニングしたりとか、色を焼いたりとか、津軽弁の練習をしたりとか、いろいろあったんですけども、中でも方言は大変でしたね。

体は裸のシーンが多いので、どうしても作らなければいけなくて…“金かけたなあ”と思います。ただ、網走のマイナス10℃の中、ふんどし1枚はさすがにキレそうでした(笑)。

あとは、長野ロケの時に、すごく遠くから僕が雪の中をずーっと走って来て、それをクレーンでフォローして。最後歩いて行くところまで数分間のカットを撮ったんですけど、その数分間ずっと雪に触れていた状態で、凍傷になって…左手薬指の先っちょがずっと感覚がないんですけど…。

これからもテレビ東京でやりたいことがまだまだあるので、そういう時にこれを武器として、訴えない代わりに“僕の左手薬指の感覚を奪いましたよね”って言えば、ある程度のことはやらせてもらえるかなと思っております」と、現場のエピソードを交えてコメント。

吉田は、今回のたけしとの初共演について「演じていて、父親らしく振る舞わないところがむしろ父親らしいと思っていました。

実際に現場でもたけしさんは、休憩時間とか、多くを語るわけではないんだけども、どこかで視界に私のことを入れて下さっていて、お話の中に入れてくださったりとか。分かりやすくない、すごく不器用な気遣いをされるところが、“やっぱりこの役はたけしさんだな”と思いました」と笑顔で語った。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング