「フランケンシュタインの恋」新井浩文が“新曲”を披露!?

Smartザテレビジョン / 2017年4月21日 22時27分

「フランケンシュタインの恋」で天草純平を演じる新井浩文/(C)NTV

4月23日(日)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「フランケンシュタインの恋」。同ドラマに、天草純平役で出演する新井浩文が、劇中でオリジナルソングを披露することが明らかになった。

大森寿美男のオリジナル脚本により、名作「フランケンシュタイン」の世界観を大胆に脚色した同ドラマ。120年にわたり森の中で生きてきた怪物(綾野剛)が、大学生の津軽継実(二階堂ふみ)と出会い、恋や友情を知っていく姿を描く。

今回新井が演じる天草純平は、怪物が愛聴しているラジオ番組のリポーターという役どころ。中継コーナーでさまざまなお悩みを解決している彼は、後に物語にも大きく関わっていく。

そんな天草が担当するお悩み相談コーナーのジングル「あまくさソング」を、新井本人が歌うことに。作詞を脚本の大森寿美男、作曲をサキタハヂメが担当するこの曲は、4月23日(日)の第1話から早速登場する。

2015年に放送されたドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)では、演じるゴリライモとして「ゴリラパンの歌」を歌っていた新井。今回再び歌声を披露することについて「デビューシングル『ゴリラパンのうた』のゴリライモには、絶対負けたくないです」とコメント。どのような曲になるのか注目だ。

Smartザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング