「リバース」ついに犠牲者が…驚きの展開続く第3話で10.5%!

ザテレビジョン / 2017年5月1日 14時36分

「リバース」で主演を務める藤原竜也/(C)TBS

TBS系で放送中の藤原竜也主演ドラマ「リバース」(毎週金曜夜10:00-10:54)の第3話が、平均視聴率10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

本作は、湊かなえの同名小説を藤原主演でドラマ化した作品で、有名大学を卒業しながらも地味でつまらない人生を歩む主人公・深瀬(藤原)の恋人・美穂子(戸田恵梨香)の元に告発文が届いたことで始まるミステリー。

4月28日に放送された第3話の最後には、谷原(市原隼人)が突然何者かにホームから突き落とされるという衝撃的な展開が。

告発文をきっかけに10年前の秘密を明かしたことで、相変わらず美穂子とのぎこちない関係が続く深瀬をはじめ、生徒の飲酒問題によりその親の圧力が影響し高校での立場が危ぶまれる浅見(玉森裕太)、誰にも言えない悲惨な夫婦生活を送っていた村井(三浦貴大)、そして、大手商社に勤めながらも冷遇されていた谷原など、それぞれが抱える人生の葛藤と“秘密”が徐々に見えてきた。

一方で、小笠原(武田鉄矢)が10年前の事故を“殺人”なのではないかと疑っていることや、広沢(小池徹平)の母・昌子(片平なぎさ)との交流も明らかに。

錯綜する謎と告発文の差出人という姿の見えない脅威。ますます今後の展開から目が離せない本作の第4話(5月5日[金]放送)では、谷原がケガを負って病院に運ばれたことを聞いた深瀬が、慌てて病院へ駆け込み、そこで浅見から事のあらましを聞く。

そして、深瀬と浅見は告発文の差出人が谷原を突き落した犯人なのではないかと話し合う。

程なくして、深瀬は浅見に呼び出され、村井と3人で集まることに。互いの腹の底をうかがうような会話ばかりが続く中、谷原を突き落とした犯人は、広沢の事件に関わった自分たち全員を恨む人間だと推測。

そんな中、意識不明の谷原のそばで憔悴しきっている妻・明日香(門脇麦)の元に、小笠原が現れる。

10年前の事故は本当に事故だったのか、告発文の差出人は誰なのか、その目で見届けよう。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング