広田レオナ、香川照之と交際に発展しかけるも「付いていけなかった」

ザテレビジョン / 2017年6月18日 15時26分

広田レオナの破天荒伝説が紹介された

爆笑問題の田中裕二と太田光が司会を務めるニュースバラエティー「サンデー・ジャポン」(TBS系)。6月18日の放送では、夏木マリ、広田レオナ、池田美優(みちょぱ)、プチ鹿島をスタジオに迎え、今話題のニュースについて生トークを展開した。

新海誠監督が30代前半の美人編集者との不倫報道を否定した話題では、VTR上がりで太田が「新海監督もあんな見え透いた言い訳じゃなくて、あの時僕は誰かと入れ替わってました。中身が違ってたんですって(言えばいいのに)」と、新海監督の空前の大ヒット作「君の名は。」をもじってツッコんだ。

その流れから田中が、ゲストの広田に今年週刊誌で取り上げられた不倫疑惑について質問。

広田が「ええ~! 新海監督からこっちきますか」と困惑しながらも「見出しがダメですよ。ウソですよ。大体(自分は)離婚してますし。そもそも不倫じゃないですけど」と記事に対し反論する。

すると、そんな歯に衣着せぬ物言いが人気で、各バラエティー番組に引っ張りだこの広田の破天荒伝説が紹介された。

伝説の1つ目は「俳優・吹越満との2度に渡る結婚と離婚」。田中から今現在の吹越との関係を聞かれると、「今はベストなんじゃないですかね。ビジネスパートナーでもあるし、男女の関係がなくなっているから、本当に双子みたいな、本当に仲がいい。娘の父親でもあるから、娘を通してしょっちゅう会う」と話した。

太田から「吹越さんとはわれわれもう、元々芸人でロボコップ演芸とかやって、一緒によく出てたんですよ。それを今俳優面してさぁ。(昔は)くっだらないネタやってたんだよ」と手厳しく語ると、田中が「(俳優)面じゃなくて俳優なんだよ。元々俳優さんですから」とフォロー。

伝説2つ目は「酔って爆弾ツイート」。これは酒に酔い、香川照之のことを「スゴいめんどくさい男なのよ。でも最高じゃん? 忍耐さえあれば付き合ってたよね~」とつぶやいたという出来事だ。

これに対し、広田はツイートしたこと自体酔っ払っていて全然覚えてないとし、「(翌)朝に気が付いて“ゲッ”と思ったんですけど、かなりの『いいね』やリツイートがついてたから、今さら消してもと思いそのまま残したんです」とコメントした。

実際に仲がいいのかを田中が聞くと、「30年くらい前に1回デート、飲みに行ったことがあって、電話で話してる時にずっとボクシング見てるわけですよ彼は、電話の向こうで。ずっとボクシングの中継をしてるんです」と明かす。

「話しをしないんだったら(電話を)切るよって言っても、ダメダメって言って切ってくれない。それでずっとボクシングの中継してる。そういうのに付いていけなかったですね、当時は」と、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの名優・香川を巻き込んだエピソードを話し、スタジオを沸かせた。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング