「ドクターX」『お姉ちゃんみたいな安心感』と米倉涼子が語る内田有紀との信頼の絆

ザテレビジョン / 2017年11月13日 7時0分

「ドクターX―」に出演中の(写真左から)米倉涼子、内田有紀/(C)テレビ朝日

テレビ朝日系で放送中のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54)で5年にわたって同士を演じてきた米倉涼子と内田有紀。11月16日(木)に放送される第6話で、ひょんなことから仲たがいすることになってしまう米倉と内田が2人の関係性などを明かした。

今作で第5シリーズに突入した同作は、フリーランスの外科医・大門未知子(米倉)が活躍する人気シリーズ。麻酔科医・城之内博美(内田)は未知子と同じくフリーランスで、神原晶(岸部一徳)が所長を務める「神原名医紹介所」に所属。二人は第1シリーズでは対立しつつも、プロ意識という共通項を糸口に信頼関係を築き上げてきた。

■ 米倉「(内田とは)深いこともサクッと言い合うことができる関係」

2012年の「ドクターX―」が初共演となり、第一印象について米倉は、「正直なところ、今の関係が自然すぎて、第一印象をハッキリと覚えていないんです(笑)」と笑顔に。内田も、「実は私たち、ちゃんとした“はじめまして”という場の前に、医療リハーサルに入ったんですよ。そこから怒涛のように撮影が始まって…。お互い自然にスーッと距離が縮まったよね?」と当時を振り返る。

さらに、内田について米倉は、「有紀ちゃんは気楽に話せる人だったんですよね。もちろん、性格的に似ているところも似てないところも両方あるんですよ。ただ、私は何事もチャッチャッとやってくれる人がいいなって思う、せっかちな性格で、そこが有紀ちゃんとは合ったというか…。あと、何と言ってもお互いにあまり踏み込まない性格! プライベートでは全然会わないしね(笑)。ただ、やっぱり5年の付き合いですから、信頼関係が年々厚くなっているのは感じますね。今では、深いこともサクッと言い合うことができる関係なんですよ。しかも、その話を引きずらない!」と絶賛。

一方、内田も米倉については、「お互いのリズム感はすごく近いですよね。私たちの関係ってサッパリしていて、ちょうどいい距離感なんですよ。とても心地いいですね。米ちゃんはどんなに大変な撮影も力強く乗り切ってくれるので頼もしいし、とても信頼できる人です」と打ち明ける。

■ 内田「米ちゃんと一徳さんは時に娘とお父さん、時にお母さんと息子みたい」

また、未知子と博美が揃う「神原名医紹介所」の所長・神原晶を演じる岸部一徳について米倉は、「一徳さんはありのままを出して寄り添える存在。これ以上はないというくらい、未知子は晶さんに甘えているし、私自身も一徳さんに甘えていると思います。親密度も毎年上がっている実感がありますね」と語る。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング