どんな役にもハマる俳優・阿部寛の意外な過去「20代は不遇の時代だった」

ザテレビジョン / 2017年11月15日 6時0分

ことしで俳優生活30年を迎える阿部寛/撮影=西村康

週刊ザテレビジョン創刊35周年のメモリアルとして、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るSPインタビュー企画を連載中。 第10回はことしで俳優生活30年を迎える阿部寛が登場。“阿部ちゃん”の愛称で、ファッション誌の人気モデルだった青年が、ドラマ&テレビに活躍の場を移して30年。どんな役にもハマってみせる名俳優となった彼のキャリアを振り返ると、そこには役とひたむきに向き合った日々があった。

■ 「普通に就職しよう」と思っていた学生時代

大学2年生から雑誌のモデルを始め、カリスマ的人気を博した後、23歳で俳優業に進出。だが、当初は俳優になる気はなかったという。

「子供のころはよくドラマを見ていたのですが、自分が俳優になるとは思ってもいませんでした。当時好きだったのは、石立鉄男さん主演の『水もれ甲介』(1974~75年日本テレビ系)や、久世光彦さん演出の『寺内貫太郎一家』(1974年TBS系)、『ムー一族』(1978~79年TBS系)でした。萬屋錦之介さん主演の『子連れ狼』(1973~76年日本テレビ系)も好きでしたね。高校生になって衝撃を受けたのは、『ふぞろいの林檎たち』(1983年ほかTBS系)。というのも、皆さんの演技がいい意味で普通で。だから、これなら自分にもできるんじゃないかと素人考えで思っていました。今思うと、根拠のない自信というやつです(笑)。でも、大学に入ってからも普通に就職しようと思っていたし、俳優の道に進むことは考えていませんでした」

しかし、23歳で転機が訪れる。映画「はいからさんが通る」(1987年)で、当時人気アイドルだった南野陽子の相手役に大抜てきされたのだ。

「そのときも就職活動をしていたんですが、俳優志望のモデル仲間がいて、俳優も選択肢の一つにあるのかなと思い始めた時期で。そんなときにお話をいただいて、南野さんは当時押しも押されもせぬアイドルでしたから、出演をお引き受けしました。とはいえ、俳優としてはド素人。クランクイン前に監督と何日もリハーサルをして現場に入ったんですけど、いざカメラテストになったら頭が真っ白になって。あのときのことは今でも鮮明に覚えています(笑)」

■ 20代不遇の時代からの大きなステップアップ

翌年、「花嵐の森ふかく」(1988年日本テレビ系)で連続ドラマデビューし、「ぼくが医者をやめた理由」(1990年テレビ東京系)で連ドラ初主演。好調な滑り出しに思えるが、自身は「20代は不遇の時代だった」という。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング