AKB48の“王道アイドル”小栗有以「素のままで」

ザテレビジョン / 2017年12月8日 6時30分

「―バッチこーい!」リレーインタビューに“ゆいゆい”が登場!

AKB48チーム8関東メンバーの冠番組「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎週日曜夜11:30-0:00、チバテレ)に出演するメンバーに迫る、WEBサイト「ザテレビジョン」オリジナルのリレーインタビュー。

6人目は、東京都代表の“ゆいゆい”こと小栗有以が登場! 1月にはソロコンサートをTOKYO DOME CITY HALLで開催するなど人気の“王道アイドル”に、チーム8の冠番組について話を聞いた。

■ 吉川七瀬はお姉さん的存在

――これまで5人にお話を伺ったんですが、関東メンバーで番組ができることをみんな喜んでいました。

そうですね。関東メンバーのみの冠番組ということで、これまでにはなかったことなので、本当にそういうことができるということが、私たちにとってすごくうれしいことでした。関東エリアメンバーのファンの皆さんにとってもうれしいことだと思いますし、吉川七瀬ちゃんはMCとしてもちろんですけど、私たち全員が喜びました。

――小栗さんにとっても、関東エリアメンバーの9人は特別ですか?

チーム8の中でも、関東エリア、北海道・東北エリアなど、地方によってグループに分かれることが多いんですけど、そういうメンバーは初期のころから一緒にいることが多いんですね。他のエリアのメンバーも仲は良いんですけど、関東エリアのメンバーは一緒にいる機会が多いこともあり、絆が深いからこそ、この番組も成り立つんじゃないかなって思います。

――その中でも、吉川七瀬さんがMCを務めていますね。

七瀬ちゃん自身も言っていましたが、ファンの方から「AHO」って言われていたりするんです。だけど、関東エリアメンバーの中では私や本田仁美ちゃんからするとお姉さん的な存在で、しっかりしつつ、ちょっと抜けていて天然なところもあるっていう感じです。でも、今回のMCを見て、間違えたり噛んだりしても諦めないで一生懸命に進行していたのが、今はまだまだかもしれないけど、格好良いなって思いました。

――お姉さんなんですね。意外でした。

すごく優しいんです。七瀬ちゃんはお菓子が好きなんですけど(笑)、いつもお菓子を持っていて、お腹が空いている子がいたら、その子たちに「はい、あげる」ってあげたり、すごく心遣いができて、いろいろな面で優しいんです。怒ったりすることはあまりないですね。

■ “鈴木拓さん!”っていう感じ

――もう一人のMC・鈴木拓さんはどんな印象でしたか?

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング