「コウノドリ」松岡茉優&吉田羊対談「松岡さんへの“愛”がさらに大きくなりました」

ザテレビジョン / 2017年12月8日 9時0分

撮影中もくっ付いて仲良しな松岡茉優と吉田羊/撮影=諸井純二

「コウノドリ」(TBS系)の第9話が12月8日に放送され、命を扱う医師たちの物語もいよいよ佳境へ。今回のリレー連載は、産婦人科から救命科に移って奮闘中の医師・下屋加江を演じる松岡茉優と、頼れる助産師・小松留美子役の吉田羊がそろって登場! 2ショット撮影が始まるなり、肩に腕を回し「ラスト・クリスマス」(ワム)を英語で歌い始めた2人。気分はもうクリスマス!? 役柄そのままのノリで対談はスタート。

■ ハグは日常茶飯事!? 自然に密着してしまう仲良しコンビ

―松岡さんのインタビュー時も話してくださいましたが、松岡さんと吉田さんは本当に仲良しなんですね。

松岡:そうなんです。さっき写真を撮っていたときもそうですが、私からくっつくだけでなく、羊さんからも密着してくださる。今朝もスタジオのメイク室に座っていたら、羊さんが後ろからギュって抱きしめてくれて「松岡茉優、おはよう」ってフルネームで呼ばれてしまいました(笑)。

吉田:会いたかったのよ、松岡茉優に。下屋が転科してから共演するシーンが減ってしまったから。

松岡:さびしいですよね。だから、今日は一緒にお話できて楽しい。

吉田:もちろんシーズン1を撮影していた2年前から松岡さんのことを好きだったけれど、シーズン2でさらに“愛”が大きくなりました。2年前に比べても、女性らしさと美しさと強さが“増し増し”になっていて、もう“全部盛り”だね。

松岡:羊さんのラブだ(笑)。うれしいです。

吉田:松岡さんもこの2年間でドラマの主演とか、いろんな経験をしてきたでしょう。それが自信になって、美しさを増しているのかなと思いますね。俳優としても、2年前に感じていたどこか危うい感じが全然なくなった。今日も、第9話で下屋が緊急帝王切開手術をする場面を撮影したとき、「赤ちゃんのことは任せてください」と言う姿が本当に頼もしく見えました。

■ 恥ずかしくて言えなかった言葉に吉田羊も感動

―松岡さんから見て吉田さんをすごいと思うのは、どんな瞬間なのでしょう?

松岡:前回もお話したんですが、第2話で小松さんが「四宮先生と私の考え方も違うってことだね」と言ったとき、私はもっとケンカ腰になると思ったのに、お互いの意見を尊重するようなニュアンスだったので驚いて、羊さんの1メートル後ろで“勝手にふるえ”ちゃいました (笑)。私たち俳優がもっとドラマにいろんな切り口や側面を加えてもいいんだということを学ばせてもらいました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング