今市隆二が加藤ミリヤの詞が女性の心に刺さる秘密に迫る!

ザテレビジョン / 2017年12月8日 1時0分

「LOVE or NOT♪」第13回のゲストは加藤ミリヤ(写真中央)/(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

12月8日夜1:00(木曜深夜)、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二とベッキーがMCを務める「LOVE or NOT♪」第13回がdTVとFODで同時配信中。

今回はゲストに加藤ミリヤが登場し、今市との関係や作家としてのエピソードなどを語る。

■ 加藤ミリヤの詞が女性に刺さる理由が明らかに!

イベントやテレビ出演などでよく一緒だったことが多かったという今市と加藤が当時を振り返る。そんな中、作詞作曲について語る場面も。

13歳のときに作詞作曲した曲を16歳のときのデビュー曲にしたという加藤。そんな加藤の才能に驚くベッキーは興味津々に!

また、作詞の話題で詞から作ると言う加藤は「私の曲って字が多いんです。息するポイントとかほとんどない。全然毎回、もう呼吸困難ぐらい」と笑う。加藤が「これ言いたいなってことをパソコンでワーっと書いて」と明かすと、ベッキーは、「だから女子に刺さるのかも、ちゃんと詞が最初だから」と納得。

■ 作家・加藤ミリヤが小説執筆の醍醐味を語る!

加藤が小説も書いていることに今市は「すごくないですか?」と感心。加藤は「一人が好きだから。一人で粛々とやる作業が好きで、もともと私が歌を始めたのも字を書くのが好きだったからなので。本とかすごい好き」と語る。

小説執筆の苦労を加藤は「(書いていて)楽しいんですけど、結局つらいです。詞とまた違うつらさがあります」と明かし、「短距離とマラソンぐらい違う」と作詞と小説でのかかる時間や苦労を語った。

そこで、加藤から小説を書くのを勧められたベッキーは「4コマ漫画ぐらいがいい」と拒否。だが加藤が、「短編とか(どうですか)? 何か感じます。インスタとかの何気ない一言が、もう片鱗がある感じです」とほめると、ベッキーは「認められたぞー!」と大喜びした。

一方の今市は「考えた事ないですし、無理でしょうね(笑)。書ける気が全くしない」とネガティブ発言をし、「作詞するのも命削るじゃないですか。それの長距離って考えたら、ホントに死んじゃうんじゃないかなって。完成しないんじゃないかなって思っちゃう」と理由を明かした。

「TODAY'S LOVE or NOT♪LIVE」は、加藤がニューシングル「新約ディアロンリーガール feat. ECD」を歌唱する。(ザテレビジョン)

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング