坂上忍が「ずっとイライラしてきた」という番組ディレクターとは?

ザテレビジョン / 2018年1月14日 17時45分

坂上忍が「大笑いするのが礼儀だと思ってるヤツ」「とある番組のディレクターさん」に対して怒りをぶちまけた

1月13日放送の「おしゃべりオジサンと怒れる女」(テレビ東京系)で、坂上がある番組ディレクターへの“イライラ”を告白する場面があった。

前週に引き続き“2017年一番怒ったこと”を出演者たちが発表していく中、坂上は「大笑いするのが礼儀だと思ってるヤツ」「とある番組のディレクターさん」に対して怒りをぶちまけた。

バラエティー番組の収録などで「そこまでおもしろいこと言ったわけじゃないのに」「奇天烈な笑い方する人いるじゃないですか」と話し始めた坂上。

スタジオに響く番組スタッフの笑い声に「最初はびっくりした」という坂上だが、「(番組を盛り上げたいという)意図はすぐわかったし、そういうのも大事なんだろうな」と、納得することができたとか。

しかし、坂上が気になっていたディレクターは、楽屋での打ち合わせの時も同じように大きな笑い声を出すため、坂上は心の中で「うるせーんだテメエは!」「人の楽屋ノコノコ入ってきて、何だその笑いは!」と、鬱憤を溜め込んでいたという。

その後、先日の打ち合わせでそのディレクターに対してついに坂上の怒りが爆発。

「一番わかりやすいのは現行犯逮捕」だと思った坂上は、ディレクターが笑い出した瞬間にすぐさま「それだテメエ馬鹿野郎!」と指摘。

「ずっとオレはそれにイライラしてきたんだよ!」と溜まっていた不満を吐き出した。

すると、ディレクターは坂上の剣幕に圧倒されて泣き出してしまい、「(坂上だけでなく)行く先々でそれとなく注意はされてた」と坂上に“懺悔”する。

それを聞いた坂上は「そんなとこで無理しないでいい。スタジオでがんばってください」と告げて無事に和解。

腹を割って話したおかげで、そのディレクターとは「やっとお近づきになれたかなっていう感じですよね」と言いながら、坂上は笑顔も見せていた。

ちなみに、トークの冒頭では「とある番組のディレクターさん」と呼んでいた坂上だったが、トーク中にヒートアップした末に「(隠さなくて)もういいや。『バイキング』よ(笑)」と暴露していた。

次回の「おしゃべりオジサンと怒れる女」は1月20日(土)放送予定。(ザテレビジョン)

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング