石橋貴明「みなおか」終了に「ただただ寂しい限り」

ザテレビジョン / 2018年3月21日 12時8分

石橋貴明が人気キャラ・ダーイシに扮(ふん)して登場

石橋貴明が、DVD「とんねるずのみなさんのおかげでBOX」発売を記念して、3月21日に東京・渋谷のSHIBUYA TSUTAYAを表敬訪問。3月22日(木)に最終回を迎える「とんねるずのみなさんのおかげでした」(毎週木曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)に向けて思いを語った。

番組最高責任者・石田弘氏を模したキャラクター”ダーイシ”に扮(ふん)して登場した石橋は、「―みなさんのおかげです。」(フジテレビ系)から30年続いた番組の終了に「ただただ寂しい限りです。30年毎週のようにフジテレビに行っていたので、明日も気付いたらフジテレビに行っているかも(笑)。最終回は(番組プロデューサーの)港浩一さん家で、二人で涙しながら見ようかな(笑)」と心境を告白。

また、石橋は印象に残っているゲストに井上陽水の名前を挙げ「一回だけ出てくれたんです。その一年くらい前にスタジオの食堂にいきなり陽水さんが現れて、娘さんがとんねるずのファンだからとサインをお願いされたんです。しばらくして(コントで一緒に)『おならじゃないのよ、涙は』を歌ってくれた(笑)」と思い出を振り返った。

最終回の放送では、ゲストに松田聖子と、番組から生まれた音楽ユニット・野猿が登場。人気コーナー「ほんとのうたばん」の名場面や野猿の軌跡を振り返る他、とんねるずの熱唱も送られる。

ゲストの松田に対し「(番組の)一番最初のゲストも聖子ちゃん。聖子ちゃんは当時、裏番組の『ザ・ベストテン』(TBS系)があったんですけど、それを蹴ってこっちに来てくれたんです。非常に感謝しています」と感慨深そうに語った。

最後に長年一緒に番組を作ってきたフジテレビには「バラエティーを作らせたら一番うまい局だと思うので、ぜひ20年、30年続くような素晴らしいバラエティーを作って王国を再建してもらいたい。そこに脇役でいいので入れてもらう(笑)」と期待を寄せた。(ザテレビジョン)

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング