20周年の「科捜研の女」新シリーズが4月から1年間放送!沢口靖子『フルマラソンにチャレンジする気持ち』

ザテレビジョン / 2019年1月3日 23時10分

シリーズ20周年を迎えた「科捜研の女」メンバーたち/(C)テレビ朝日

2018年10月18日から同年12月13日まで、連続ドラマのシーズン18が放送された「科捜研の女」(テレビ朝日系)。全8話の平均視聴率も関東地区では12.5%(ビデオリサーチ調べ)を記録するなど、変わらぬ高い人気を誇り、1月3日(木)には「テレビ朝日開局60周年記念 科捜研の女 正月スペシャル」(夜9:00-11:10)が放送された。

その「正月スペシャル」のエンディングでは、主人公の榊マリコ役の沢口靖子から“重大発表”が行われ、「科捜研の女」の新シーズンが2019年4月から2020年3月まで、1年間のロングランとなることが明らかになった!テレビ朝日のプライム帯のドラマとしては、1998年11月から1999年9月まで放送された「暴れん坊将軍」以来、実に20年ぶりの通年放送のドラマとなる。

およそ20年間にわたり主人公の榊マリコを演じてきた主演の沢口も「節目の年に大役のお話をいただき、心踊りました」と興奮気味に語ると、「心境としては、ハーフマラソンは経験していますが、初めてフルマラソンにチャレンジする、というところでしょうか。気力と体力を充実させて楽しく乗り切りたいと思います。息切れしないよう水分補給をしながら、皆様のご声援を糧にゴールを目指したいです」と意気込みを語った。(ザテレビジョン)

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング