【「アナ動画」久冨慶子・弘中綾香アナリレー連載】久冨アナ編(2)『ゴーちゃん。GIRLSは良い経験でした』

ザテレビジョン / 2014年11月24日 11時12分

「アナ動画」で弘中綾香アナと共にメーンMCを務める久冨慶子アナ

10月から毎週水曜の深夜に放送中の「アナ動画」(テレビ朝日)で、隔週メーンMCとして出演中のテレビ朝日入社3年目・久冨慶子アナ、2年目・弘中綾香アナの“Smartザテレビジョン”オリジナルリレー連載。3回目の今回は、久冨アナがこれまでのアナウンサー生活を振り返って楽しかったことやつらかったこと、目標のアナウンサー像についてなど、久冨アナが自身の素顔を語ってくれた。

――放送中の「アナ動画」はテレビ朝日の番組PRがメーンですが、その中でも番組をやっていくにあたって、気を付けていることは何でしょうか?

テンションを一定に保つことですね。私のテンション次第で番組が決まるので、楽しい雰囲気にしたいという気持ちを持ちつつ、テンションを一定に保つことには気を付けています。深夜なのであまりうるさいのもどうかと思いますし(笑)。ご覧の皆さんは疲れていたり、眠かったり、まったりしているかもしれない。そんな時に心地いいテンションだと思ってもらえたらいいなと思っています。BGMもなるべく時間帯に合った曲をかけようと心掛けています。基本はテレビ朝日の番組紹介がメーンなので、私の力は微々たるものだと思いますが、紹介した番組を皆さんが見てくれたらいいなと切なる思いを込めて放送しています。いかに皆さんに見たいと思っていただけるか、楽しいと思っていただけるかを考えて臨んでいます。

――久冨さんは何をしているときが一番自分の“素”が出ますか?

最近「自分って何だろう…」と悩んでしまうことが多々あります。はしゃぐときははしゃぐし、“真面目モード”のときもありますし、そのどれもが“久冨慶子”なんだなと思うようになりました。仲が良い人とおしゃべりをしながらご飯を食べているときは特に“素”が出ているのではないでしょうか。

――この3年間でさまざまな仕事をしてきたと思いますが、つらかった仕事はありましたか?

過酷というか、今振り返ったら良い経験だったと思うのが…ゴーちゃん。GIRLS(笑)。いろいろとやらせていただきました。スポーツ新聞社さんを回らせていただいたり、ダンスをやったり、歌は苦手なのにCDまで出したり。一番つらかったのは、BGMがかかっていない状態でアカペラで歌を収録している様子を、朝の情報番組で流されたときですね。ソロパートは「うそ! これを流すの!?」というぐらい、すごくヘタでビックリしました(笑)。歌を出す、ということを宣伝してくれたことはもちろんありがたかったのですが…何事も経験ですね。でも“卒業ライブ”のときは、自分でも驚きましたが涙が出てきたんです。この1年いろいろあっても本当に幸せな経験をさせてもらったんだなあ、とさまざまな思いがあふれてきました。悩むこともありましたが、結果的にはやって良かったと思うようになりました。なかなかできない経験ですからね!

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング