菊地亜美がアイドリング!!!を卒業“明日からはかわいい女の子”

ザテレビジョン / 2014年11月25日 3時17分

自身の卒業ライブに登場したアイドリング!!!の菊地亜美。(左から)外岡えりか、横山ルリカ、朝日奈央、菊地、高橋胡桃、橋本楓

アイドリング!!!が14thライブ「井の中のアイドリング!!! 大海でバタアシング!!! 菊地亜美アイドル卒業までのカウントダウン」昼夜2公演を11月24日に東京・NHKホールで開催。昼夜2公演で6300人が詰め掛けたその夜公演で、菊地亜美がグループを卒業した。

卒業することはことし8月の「東京アイドルフェスティバル2014」で発表されていた。それから3カ月半、ついにその日はやってきた。昼公演と夜公演の間には、報道陣の取材に答えた菊地。この3カ月半は長かったという菊地は、明日からはどうなるのかという質問に「かわいい女の子です」と回答し、初っ端から報道陣の笑いを誘った。また、フジテレビ、BSフジ、CS、インターネットなどさまざまなメディアを駆使して、卒業までの30時間を生中継する企画が進行中の菊地だが、「ことしの『FNS27時間テレビ』を見ていて、ずっとSMAPさんが寝ないで、最後には40分ノンストップメドレーをやっていて『すごく感動しました』ということを、それを“やりたい”ということではなく雑談としてプロデューサーさんに話したら、『菊地がやりたいんならやっちゃう?』という話になってしまって」と裏話を披露し、夜公演では50分ノンストップメドレーに挑戦することも明かした。

そんな夜公演は衣装、セットリスト共に菊地が考えたといい、「他のメンバーは全部白なんですけど、私だけはピンクが入っていて目立つようになっています」と、デザインのポイントを語った。

さらに、卒業してソロになってからのライバルとして小島瑠璃子を挙げ、「仲がいいんですよ。私も暇じゃないんですよ、結構忙しいんですよ。でも、小島瑠璃子はすごく忙しくて、うらやましいなと。私がやりたい仕事を全部やっているんですよ! 『ヒルナンデス』(日本テレビ系)とか。どうにかならないかなと思って。(今後は)『情熱大陸』(TBS系)に出たいです!」と今後の野望を語った。

最後に「アイドリング!!!を卒業しても、関係者の皆さま、ぜひバラエティーで使ってください! かわいい女の子でいます!!」と菊地らしいあいさつで会見を締めくくった。

その後の夜公演は「シャウト!!!」からスタート。菊地がピアノを披露した7曲目の「想いの詩」から、11曲目の「ベタな失恋~渋谷に降る雪~」まではユニット曲で、自分が参加していないユニットにも菊地が登場。10曲目の「mero mero」では、かねてから参加したいと語っていたアイドリングNEOにも参加した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング