アップアップガールズ(仮)が2時間超のノンストップライブを開催!!

ザテレビジョン / 2014年12月3日 23時27分

全力ジャンプを決めるアップアップガールズ(仮)

ハロプロエッグ出身の7人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)が、「アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2014 ハイスパートキングダム」のツアー初日の11月30日に『~ZeppDiverCity決戦~』を開催した。

日頃ジムで屈強なボディーを作り上げ、タフなノンストップライブを武器とするアプガことアップアップガールズ(仮)。昨年12月28日の「アップアップガールズ(仮)アプガ第二章(仮)大晦日イブイブイブ決戦 ~CLUB CITTA'~」では、1時間越えの連続12曲を披露し、ファンの間では伝説のライブと語り継がれるように。今回はそれを大きく上回り、これまでで最長の2時間ノンストップライブに挑み、しかも1日2公演の東名阪ツアーで行うこととなった。

この日の夜公演は、約2000人の観客を動員。メンバーは、正面ステージだけでなく、客席フロアにも用意された7カ所のミニステージをフルに使って、Base Ball Bearのメンバー・小出祐介が作詞作曲した新曲「Beautiful Dreamer」やジャンプの多い激しいダンスナンバー「ジャンパー!」などを披露した。

メンバーのパフォーマンスとシンクロするように、観客も一体となって激しく盛り上がり、会場のテンションはヒートアップ。このツアーのために用意された新曲「キラキラミライ」も初のお披露目となった。レーザーの瞬く中、EDMサウンドの爆音が響き渡り、会場の熱量はグングン上昇。危険過ぎるハードなライブを渾身の力で歌い踊り、メンバーもファンも汗だくで駆け抜けライブ本編を終えた。

アンコールでは、本編の曲のサビをさかのぼって歌う約20分の「年末アプガのリバースMix2014」(逆回転メドレー)を披露するなど、7人は怒濤のライブを見事完走した。ライブの最後にはサプライズで、'15年3月26日(木)の東京・新宿ReNY公演から、全国47都道府県を回る日本完全制覇ツアーの開催が発表された。

突然の発表に驚きつつも、希望でもあった全県ツアーの実現に早くも意気あがる7人。佐藤綾乃は、「これは私たちが言い始めたことで、全国47都道府県の皆さんにアップアップガールズ(仮)の顔を見てもらえることがうれしいです。きょうのノンストップライブ、実際、無理だと思っていたの。お客さん大丈夫かなと思ったし、メンバーもステージとか通路で倒れるかと思っていたのね。でもまだ後ろ(のフロア)で跳んでる人いるし(笑)。この体力は、グループ、ファミリーの誇りなので、私たちはこの熱を全国に持っていける自信はあるので、全国の皆さんに私たちの良さを知ってもらえるように、'14年最後まで走り切って、そして'15年もちょっとおかしなアップアップガールズ(仮)って言われるように頑張っていきたいと思います!」と来年への意気込みを語る。

また、佐保明梨は「きょうのこの熱を全国に持っていけば、(目標とする)武道館にまた一歩近づけると思うので、'15年、日本全国をこの温度で上げていきましょう! よろしくお願いします!!」とアピールした。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング