武井、剛力らオスカー美女優が揃いぶみ!あでやかな振り袖姿を披露

ザテレビジョン / 2014年12月18日 14時57分

左から水沢エレナ、宮崎香蓮、小芝風花、高橋ひかる、剛力彩芽、武井咲、忽那汐里、本田望結、吉本実憂、河北麻友子、小澤奈々花

芸能プロダクション「オスカープロモーション」に所属する女優11人の晴れ着撮影会が12月17日、都内の明治記念館で行われた。撮影会には、所属する武井咲、剛力彩芽、忽那汐里、河北麻友子ら若手女優が集合。あでやかな振り袖姿を披露した。

'14年は「すべてがFになる」(フジ系)など、3本の連続ドラマなどに主演した武井咲。「セリフの多い役が続きましたね。その分、共演者の皆さんに助けられました。毎年この撮影会に参加すると、1年の記憶が鮮明に蘇ってきて、スタッフさんへの感謝の思いでいっぱいになります」と明かした。プライベートでは「20歳になってお酒も飲めるようになったので、知らない世界を知ることができて楽しかったです。人と会う回数が増えましたね」と充実した1年を振り返った。また12月25日(木)に21歳の誕生日を迎える武井は、「誰と一緒に過ごすんですか?」と質問され、「家族にもお祝いしてほしいし、友達にも会いたい」とコメント。誕生日がクリスマスであることに対しては「クリスマスは、どこのケーキ屋さんも誕生日ケーキを作ってくれないんです。ケーキにサンタが乗っていたり(笑)。なので早めに予約したい」と笑顔で語った。

さらに、12月22日(月)に22歳の誕生日を迎える忽那汐里にも同じく「誕生日は誰と何をしたいですか?」と質問され、隣にいた河北麻友子は「オーマイガ―!誰と何を?って…」と苦笑。だが忽那は「仕事で地方に行くことが決まっているんです」とさらりと語った。'14年はドラマ「あすなろ三三七拍子」(フジ系)などに出演した剛力は「今年は、いろんなものを吸収するということを意識した1年でした。これまでは、アウトプットすることが多かったので」と語り、「来年も意識しながら、よりいろんなことを吸収していきたいです」と抱負を明かした。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング