「すごい激しい」キュートなサンタ姿の小島瑠璃子が騎乗体験に大はしゃぎ!

ザテレビジョン / 2014年12月25日 20時57分

「ウルトラ有馬記念@AKIBA」出馬賞発表PRイベント「ウルトラ・トークセッション」に登壇した小島瑠璃子

中央競馬「第59回有馬記念(GI)」開催当日の12月28日(日)まで同レースとコラボしたイベント「ウルトラ有馬記念@AKIBA」が開催されている東京・ベルサール秋葉原に25日、小島瑠璃子が登場。「ウルトラ有馬記念@AKIBA 出馬表発表PRイベント『ウルトラ・トークセッション』」と題し、最新VRアトラクション「ウルトラホースライド」を体験しながら、史上初のドラフト形式で枠順が決まったばかりの「有馬記念」の予想を行った。

「ウルトラ有馬記念@AKIBA」はファンファーレからゴールまでが“約3分間”の有馬記念と、地球上での活動時間が“3分間”のウルトラマンにちなみ「3分間のウルトラレース 有馬記念」をコンセプトにさまざまなコンテンツが楽しめるイベント。その一つ、レース騎乗が疑似体験できる「ウルトラホースライド」でウルトラマンと勝負した小島瑠璃子は「生身では勝てないので、これは勝ちたいですね」と意気込むも、きん差でウルトラマンに敗戦。マシンの揺れに「すごい激しい」と言いながらも、乗馬経験があるという小島は次世代型ヘッドマウントディスプレイ「オキュラスリフト」が見せる全方位視界に「360度景色があって坂道も登っている感覚があってすごいリアルでした」と大興奮していた。

また、レギュラー出演しているTBS系スポーツ情報番組「S☆1」(毎週土曜夜0時30分、日曜夜0時)で、田中裕二の「競馬対決10番勝負」を見て競馬に詳しくなったという小島は「有馬記念」の予想にも挑戦。「前から決めていてきょうの枠順で外(枠)になってしまったので不安なんですが」と前置きしながら、本命は「13番 エピファネイア」と予想。「勝った『ジャパンカップ』の走りを見てここがピークではないなと思いました」と“玄人はだし”の解説を展開した。「ふだんは買わないんですけど、有馬記念は特別ですから。去年は外したのでことしはガチで狙っています」と、本命エピファネイアからどのように買うかはギリギリまで悩みぬく様子を見せた。

一方、ウルトラマンの予想は「7番 ラストインパクト」と「8番 メイショウマンボ」のワイド買い。その理由は「故郷のM78星雲にちなんで」とのこと。そんなウルトラマンは、ワイド買いについてMCから「いつも地球の平和を守っているから、予想も守りに入るんですね」とツッコまれていた。

ザテレビジョン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング