「年越しクイズサバイバー」で“3億円投手”マエケンが驚異の身体能力を発揮!?

ザテレビジョン / 2014年12月30日 5時0分

「くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー」で初めてタッグを組む(左から)くりぃむしちゅーの有田哲平と上田晋也、林修/(C)テレビ朝日

12月31日(水)にテレビ朝日系で放送される、くりぃむしちゅーと林修の初タッグによる年越し特別番組「くりぃむ VS 林修! 年越しクイズサバイバー」に、プロ野球・広島東洋カープの前田健太投手が出演することが分かった。

同番組は、テレビ朝日史上最大級の総勢150名、7時間半にわたるクイズバラエティー。レギュラー番組を多数抱えるお笑いコンビ・くりぃむしちゅーとカリスマ予備校講師・林修が初めてタッグを組み、芸能人100人と知識人50人が早押しで対決する。合計150人の解答者が、それぞれ趣向を凝らした6つのステージでクイズバトルに挑む。各問題ブロックでクイズに正解すると相手チームの人数を減らすことができるというルールになっていて、どちらかのチームが全滅した時点でステージが終了。生き残ったチームの勝ちとなる。

出題にはくりぃむしちゅーの冠番組「くりぃむクイズ ミラクル9」やテレ朝の人気クイズ番組「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」のクイズを盛り込むなど、趣向をこらしたものばかり。また、各チームの代表者が我慢競技に挑み、その間だけチームの仲間がクイズに答えることができるという、体力がカギとなるステージも。さらに、各ステージの勝利チームには、サッカー・日本代表でガンバ大阪の遠藤保仁選手や、成宮寛貴、加山雄三ら有名人が登場するボーナス2択クイズが出題される。知識人チームは人数が半分という厳しいハンディを背負っての戦いになるが、早めに相手チームの人数を減らすことができれば対等以上の戦いが可能。逆に、芸能人チームは体力系と直感系のクイズで一発逆転を狙う。

そんな年越し特番にふさわしい豪華なクイズバラエティーに、前田健太投手が参戦する。くりぃむしちゅー率いる“芸能人チーム”の一員として、プロ野球界からセ・リーグ最年少の3億円投手(推定年俸)となった前田投手が、林修率いる“知識人チーム”の弱点ともいえる体力面で、チーム勝利のために体を張る。12月24日の契約更改で、来季の年棒が球団史上最高額、セ・リーグでは最年少の3億円プレーヤーとなった前田投手は、早押しクイズだけでなく、丸太状の柱にできるだけ長くしがみついていることを要求される“我慢棒”ブロックにエントリー。このコーナーは、エントリーしたチームのメンバーが我慢棒にしがみついている間だけ、残りのメンバーがクイズに答えられるというもの。知力だけでなく、体力も大事な要素となる。日本のプロ野球界を代表するピッチャーとして、意地とプライドを懸けて必死の形相で我慢棒にしがみつく前田投手の勇姿は必見だろう。

テレビ朝日の佐宗威史プロデューサーは「総勢150人を超える芸能人&文化人を、くりぃむしちゅー&林先生が長時間ぶっ通しで仕切る。3人の体力がもつのか、150人が一斉に早押しをしたらどうなるのか、想像を絶するクイズ耐久戦になると思います! 制作陣も『Qさま!!』『ミラクル9』など人気クイズ番組の総力を結集。さらに、他の人気番組からもVTRクイズを出題。解答者の皆さん、そして視聴者の皆さんが大笑いしたり、へーと思ったりしながら年が越せるクイズ番組に仕立てます! 大みそかは『テレビ朝日の年越しクイズサバイバー!』ご期待ください!」と、アピールした。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング