「佐村河内さんネタは即NG」ゴールデンボンバーのサプライズ演出がボツの嵐!

ザテレビジョン / 2014年12月29日 23時35分

「第65回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場したゴールデンボンバーの(左から)樽美酒研二、歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔

12月31日(水)にNHK総合にて生放送される「第65回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日にスタートし、ゴールデンボンバーが会見に出席した。

ことしで3年連続出場で、歌唱時のサプライズ演出が恒例となりつつあるゴールデンボンバーは、リハーサル中は取材陣をシャットアウト。記者からことしの演出について聞かれた鬼龍院翔は「今回はやりたいことがいろいろボツになってしまって、本当に難航しました。佐村河内(守)さん出したかったんですけど、秒殺でNGでした」と苦笑い。

また、3年続けて同じヒット曲「女々しくて」で出場することについてツッコまれると、歌広場淳が「4回までは連続で歌った方がいらっしゃるようなので、こうなったら5回『女々しくて』だけで出て記録を作りたいです」と謎の意気込みを見せた。

さらに、森進一の応援に駆け付ける日本エレキテル連合とは同じ白塗りキャラとして顔を合わせることになる樽美酒研二は、記者に「負けていられないのでは?」と煽られると「すでに負けてますから!(笑) 僕が調子に乗ってる部分があったので、(日本エレキテル連合の活躍に)刺激を受けました」と反省モードに。しかし、続けて記者に「でも、日本エレキテル連合よりも白塗りが綺麗ですね」と化粧ノリを褒められると、「そこだけはポリシーもってやってるんで。コツは下地をしっかり叩きこむこと! そうするとファンデーションのノリも全然違ってきます」と得意気に答えていた。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング