博多華丸・大吉がさんまのキャバクラ伝説秘話を語る

ザテレビジョン / 2015年11月6日 12時0分

「さんまのまんま」に博多華丸・大吉が登場/(C)関西テレビ

11月7日(土)の「さんまのまんま」(昼1:56-2:25関西テレビ※フジテレビでの放送日は未定)のゲストは博多華丸・大吉。二人は、明石家さんまが福岡・博多のキャバクラで起こしたエピソードを暴露する。

さんまは、ことしだけで300本以上の番組に出演している大吉に「帯番組の司会とかやってないのになあ」と感心。すると大吉は、テレビ出演の依頼が絶えない理由を自己分析する。

また華丸・大吉は、ブレークのきっかけになった「THE MANZAI 2014」で優勝した際に、多くの人から祝福されたがさんまの反応だけ異なり驚いたと明かし、副賞でもらった10年分のカップ麺についても裏話を披露する。

さらに、さんまは「博多の女の子はかわいい」と絶賛し、好き過ぎるが故に“博多腰”になってしまったと告白。そして、「さんまさんはプライベートの方が格段に面白い」という華丸・大吉は、博多のキャバクラで起きたさんまの伝説的エピソードを語る。

ほか、華丸は'06年の「R-1ぐらんぷり」で優勝したときのネタ“児玉清のあいうえお作文”や川平慈英、王貞治らの物まねを披露。川平との交流や、物まねをしていて受けた意外なオファーについても話す。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング