「民王」完全オリジナル脚本で復活!貝原の過去も描く

ザテレビジョン / 2016年3月9日 5時0分

4月15日(金)に放送される「民王スペシャル~新たなる陰謀~」に出演する大倉孝二、遠藤憲一、菅田将暉、門脇麦(写真左から)/(C)テレビ朝日

昨年7月クールに放送され、弊社「第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」など賞レースを総なめにした遠藤憲一&菅田将暉のW主演ドラマ「民王」(テレビ朝日系)が、その後を描くSPと“連ドラ前夜”のスピンオフで復活し、4月15日(金)、22日(金)に2週連続放送されることが分かった。

テレビ朝日初となる池井戸潤原作のドラマ化となった本作は、斬新な内容もさることながら、遠藤と菅田の卓越した“入れ替わり演技”、高橋一生、金田明夫ら脇を固める俳優陣の秀逸な会話劇などで人気沸騰。数々の賞を受賞し、放送終了後も続編を望む声が後を絶たなかった。

そんな「民王」が、連続ドラマの“その後”を描いた「スペシャル」そして連ドラの“その前”を描いた「スピンオフ」となって復活する。

もちろん遠藤演じる内閣総理大臣・武藤泰山、菅田演じる息子の武藤翔をはじめ、メーンキャストはそのままに、新たな登場人物として大倉孝二、門脇麦、相武紗季らが登場。「スペシャル」では再び起きた父と息子の入れ替わりを、そして「スピンオフ」では、秘書・貝原(高橋)の知られざる過去を描き、一層パワーアップした「民王」ワールドが展開される。

なお、今回の両作品は完全オリジナル脚本ということもあり、原案の池井戸氏は「ホントにやるの?」と、驚きを隠せない様子で歓迎した。

4月15日(金)に放送される「民王スペシャル~新たなる陰謀~」では、連続ドラマの最終話で国民からの信任を得て発足した第二次武藤内閣は、人気・期待度ともに上々。その中、支持を決定的なものにするため泰山(遠藤)は“ボンジョビウム外交”のためにウズラスキスタン国へ向かう。

社会人になった翔(菅田)も農場での新人研修にいそしみ、新たな人生を踏み出していた。そんな2人を、再びあの“脳波ジャック”が襲う。しかも今回は泰山と翔だけでなく、武藤内閣の閣僚までもが巻き添えになり、大臣たちは複数の幼稚園児と入れ替わった。

ウズラスキスタン国への道中、研修中の翔と入れ替わってしまった泰山と、幼児化してしまった閣僚たち。この陰謀の主を探るべく、泰山は公安の刑事たちと奮闘する。

今回、泰山(見た目は翔)と行動を共にする公安刑事として新たに登場するのが、大倉演じる豪徳寺義経と門脇演じる中田薫。泰山に振り回される実直な豪徳寺と、ロボットのように無感情な中田が、泰山とどんなやりとりを見せるのか。再び起きた“脳波ジャック”の真相に迫る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング