窪田正孝、トミー・リー・ジョーンズとの共演に大興奮

ザテレビジョン / 2016年9月16日 4時0分

トミー・リー・ジョーンズでおなじみのサントリー「ボス」シリーズの新CMに窪田正孝が出演

9月20日(火)から全国でオンエアされるサントリー「ボス レインボーマウンテンブレンド」の新CM「おまわりさん」篇に、永瀬正敏と窪田正孝が出演。シリーズ第55弾となる今作では、トミー・リー・ジョーンズが日本の“おまわりさん”に扮(ふん)し、地域の安全を守るために奮闘する。

おまわりさんとして働くジョーンズの日常を描いた今作。外国人に道案内をしている時、スマートフォンを見ながら自転車に乗る若者(窪田)を発見し、笛を吹いて「イハンデスヨ!」と注意したり、同僚警官(永瀬)と現場へ急行すると、そこにはニホンザルがいたりと、さまざまなシーンが展開されていく。

【永瀬正敏インタビュー】

――宇宙人ジョーンズシリーズの印象はいかがですか?

CMがことし11年目と伺い驚きました。その時々を象徴する何かが描かれていて、それを面白おかしく表現する物語をいつも楽しく見ていましたが、まさか自分が出るとは思いませんでした。

――トミー・リー・ジョーンズさんと共演した感想をお聞かせください。

握手を交わした手が分厚いのなんの(笑)。とにかくあのなんともいえない佇まいが印象的ですよね。面白味があって、シリアスな面もある、みたいな。もうちょっと長くご一緒したかったです。

――永瀬さんは以前もBOSSのCMに出演していましたが、当時の撮影の思い出は何かありますか?

“逃げる男”という設定で、ひたすら走っていた思い出があります。当時、いろんなCMともコラボして、違う企業同士のCMがコラボする初めての作品だったんじゃないでしょうか。毎回、次はどうなるんだろうなって、すごく楽しみにしていました。

――ジョーンズが若者に注意するシーンもありますが、最近の若者に対して、永瀬さんが思うことや伝えたいことはありますか?

まだまだ俺なんかが言う立場にないというか。若かろうが、年配だろうが、同世代だろうが、皆さん、その時々で真剣ですからね。小学生だって、ちっちゃい世界で精いっぱい生きています。

お芝居に関していえば、もし僕が若い人たちとご一緒するなら、相手に寄り添いたいなと思いますし、世代を超えて、一緒にモノ作りをしよう、という気持ちの方が大きいかもしれません。

【窪田正孝インタビュー】

――トミー・リー・ジョーンズさんと共演した感想を教えてください。

とても光栄です。子供の頃に映画「メン・イン・ブラック」をよく見ていて、ジョーンズさんはスクリーンの向こう側の方だなという印象がありました。今回ご一緒させていただいて、現場に飛び交う英語は、すごく新鮮でしたし、ハリウッドに行ってきたような感じで楽しかったです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング