大島優子のシースルー衣装にムロ「透けてるから見てしまう」

ザテレビジョン / 2016年11月26日 18時0分

映画「疾風ロンド」の初日舞台あいさつに阿部寛らが出席した/(C)2016「疾風ロンド」製作委員会

11月26日に公開初日を迎えた映画「疾風ロンド」の舞台あいさつが行われ、主演の阿部寛の他、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、濱田龍臣、志尊淳、それに吉田照幸監督が登壇した。

吉田監督は「映画は作って半分、見ていただいて初めて完成であると伊丹十三さんも言われていました。本日を迎えてうれしいです」とあいさつ。またムロからは、大島のシースルー衣装に「透けてるから見てしまう」と正直な感想が飛び出るなど、大盛り上がりのまま舞台あいさつが始まった。

阿部は「最初は知らなかったんですが、監督はアドリブが好きな方だなと思いましたね。劇中、僕が雪穴に落ちるシーンでは、しばらくカットがかからず、大倉くんとは初日だったんですが、1分ぐらい『この後どっちがどうする?』という無言の会話もあって大変でした。でも、楽しい現場でしたね」と撮影のエピソードを披露。

大倉は「ムロさんが追っ掛けてきて、僕らの後ろで転んでいるシーンがあったかと思うんですが、あれ台本にはないんですよ」と告白。大島も「そうでしたね。でも、たぶんあれも計算ですよ!!」と同調すると、ムロは「いやいや、計算なんてできませんよ。でも、楽しかったですね。監督も隣で笑ってくれたのでやりがいがありました」と現場の様子を明かした。

阿部の息子役を演じた濱田は「最後のバスで帰るシーンで振り向くシーンは台本にないものでしたね。最初テストをするときに自分でちょっと違うなと思っていたので監督と相談したら、監督もそう思ってくれていて『そこは振り返ってみよう!』となりました」とこだわりのシーンを挙げた。

また、スキー場の喫茶「カッコウ」で手伝いをする大学生を演じた志尊は「僕が出演しているシーンでは笑いはあまりない真面目なシーンが多かったので、阿部さんとムロさんのアドリブのシーンを横で見ながら『いいなぁ』ってずっと思ってました。でも、ムロさんがごはんを誘ってくれて、一緒にお食事をしましたね」とムロとの交流を語ると、ムロは「いい先輩だよねぇ、すごい気遣いだと思う。さりげなかったよね」と自画自賛。会場は笑いに包まれた。

最後に阿部は「きょうから公開になります『疾風ロンド』は、東野圭吾さんの超ベストセラーを映画化し、雪山の魅力とかアクションとコメディー、いろんなものが楽しめる作品に吉田監督が仕上げてくれました。 ぜひ、映画館で楽しんでいただきたいです。よろしくお願いいたします」とメッセージを送った。

ザテレビジョン

トピックスRSS

ランキング