徳光和夫のワル自慢に批判殺到! 倫理観が“無い”芸能人4人!

TOCANA / 2019年10月12日 7時0分

写真

 今年8月放送の『バイキング』(フジテレビ系)に徳光和夫(78)が出演。自らの悪行を暴露し、ネット上からは嫌悪感を示す声が上がっている。

 放送では、長岡駅で起こった駅員への暴行騒動をピックアップ。するとスタジオの徳光は突如「若い頃、本来は定期券を見せて入場するところ、ヘップバーンの写真を入れて入っていた」「その後、駅員に注意されまして…」と昔のワル自慢をし始める。さらに番組は続き、理不尽な電車利用者のクレームを紹介。司会の坂上忍(52)が「出ないからってパチンコ台を叩いてる人いるもんね」とコメントすると、徳光は「それは当たり前ですよ」と発言していた。

 これらの発言に視聴者からは、「この人は本当に常識ないよね」「老害でしかないな」「昔からマナーもモラルもめちゃくちゃで大嫌い」など批判的な声が続出している。

 今回は徳光のように、倫理観が無いといわれている芸能人たちをご紹介していこう。

●松村邦洋

 モノマネ芸人の松村邦洋(52)は、以前放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で衝撃の“チン事件”をバラされていた。「本当はスゴイ!! 松村邦洋」という企画で出演者が松村の変人伝説を語っていた際、勝俣州和(54)が「芸能人水泳大会」に松村が出演した時のエピソードを披露することに。

 松村は女子騎馬戦で騎馬役として参加。女性アイドルを乗せて競技に挑んでいたところ、アイドルのお尻が腕に当たってムラムラしてしまったという。すると松村はその欲求をプール内で自ら“処理”。水中カメラで一部始終を見ていたプロデューサーに殴られたことがあるそうだ。別室でこの話を聞いていた松村本人は、「海パンの辺りをポンポンって叩いたくらいですね」と疑惑をやんわり否定。「やってないということでよろしくお願いします!」と気まずそうな顔で頭を下げていたが、スタジオメンバーは「やったな!」と盛り上がっていた。

●あびる優

 タレントのあびる優(33)がテレビ番組で、「集団窃盗」を告白した話は有名だろう。過去の犯罪を自慢げに話していたあびるは、この一件で芸能活動を自粛。しかし現在は復帰しており、ちらほらメディアへ登場している。そんなあびるは昨年5月に『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)へ出演。番組では“コンビニで小銭を支払うマイペースな客”についてトークを展開していた。

 この件にあびるは「後ろに並んでて、自分が急いでたら『いやいや、Suicaで払うとかさ』って思っちゃう」とコメント。共演者から「小銭禁止とは書いてない」などと反論されるも、「普通に考えてモラルがない」と迎え撃った。しかし視聴者からは「お前がモラルを語るな!」などの声が続出することに。あびるの持論に対し、司会のおぎやはぎ・小木博明(48)は「あびるにモラルのこと言われたらお終いだよ。1番モラルがない芸能人だからね」とコメントしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング