小倉優子は破滅する!? 完璧主義で他人のミスも許さない強烈な性格…キャラの変遷と不気味な占い結果とは!?

TOCANA / 2020年3月19日 7時0分

写真

 2月末に第3子の妊娠を公表したばかりのタレント、小倉優子に離婚危機が報じられたが、その報道はいかにも小倉側の「事務所総出」リークだった。

 再婚2年目の歯科医の夫との亀裂についてはサンケイスポーツなどが異様に詳しく、都内で医院を営む夫が、先輩の医院を引き継ぐ話 があり、小倉に「芸能界を辞めてほしい」と頼んだのがトラブルの 「引き金」で、夫は「妊娠を知りつつ、結婚1周年記念日にあたる 昨年のクリスマス直前に突然、家を出ていった」というのだ。 そして、連絡を取ろうとする小倉には、夫の弁護士から離婚を求め る書類が届き、「誕生してくる赤ちゃんにも会いたくない」 と主張され、涙ながらに「 夫がこんなにも怒りっぽい人とは思わなかった」と話したという。

 これを読めば、身勝手で無情な夫が身重の妻を苦しめているとしか思えない話だが、当然ながら、そのまま鵜呑みにする人は多くないだろう。なにしろ小倉所属のプラチナムプロダクションはタレントを守る情報コントロールには長けている事務所として知られ、それに甘えた木下優樹菜が一般人とのトラブルに際して「事務所総出でやりますね」と相手を脅したことが記憶に新しい。だから今回も「事務所総出」 による情報操作の結果がスポーツ紙の記事である疑いが濃い。

 米倉涼子や三船美佳ら離婚時にも、やたらと夫を悪者にするような“モラハラ”話を出すのがプラチナムに限らず芸能界のお得意パターンではあるが、小倉はそもそも事務所サイドによる路線変更が相次いできたタレントで、ママタレとしてのイメージアップは近年にでき上がった話だ。もともとデビュー当時は、早口で何事かをまくしたてると「全部ウソピョーン!」 などと言い放つクソ生意気キャラだったが、その後に「こりん星」 出身を自称する、ぶりっ子キャラに変貌。それが飽きられると一転して投資好きの知的路線を挟み、前夫のイケメン美容師と結婚を機に、料理本を出すなどママタレに変化。その前夫が後輩アイドルと不倫しての離婚で同情票を集めて急激なイメージアップをしていたのである。

 ただ、業界内ではその本性が「完璧主義で他人のミスも許さない強烈な性格」というのが知られており、スポーツ紙が白々しく報じた話も早々に夫がテレビ朝日の番組で「引退を迫ったことも、 一方的に家を出た事実もない」と全否定している。

 この業界では以前から「タレントの交際相手へのネガティブ・キャンペーンは血液型占いより信用性がない」といわれているのだが、奇しくも小倉が以前から傾倒しているのが占い師A氏で、過去の離婚や再婚を後押しした人物だと囁かれる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング