「99人の壁」BPO審議も“そもそもパクり番組じゃん”の声! 炎上しても変わらないのがテレビ界…業界人暴露

TOCANA / 2020年6月3日 9時0分

 99人の壁は、業界関係者の間で「NHKの100人力に似ている」と別のパクリ説もあったが、「もしそうなら安易にアイデアだけ参考にしただけ。ちゃんと番組作りまで聞きに来ていればアドバイスもできたんですけどね」とスタッフ。

「こういうパクリをやらかす制作会社というのは、ほとぼりが冷めた頃にまた問題を起こしやすいんですが、ひとつ問題が起きても何事もなかったかのように次の番組制作に移っています」(同)

 こうした話を聞くと、今回の問題はアイデアだけ拝借する安易なパクリ番組だったために起こったものかもしれず、願わくばBPOがそうした根本原因まで辿ってほしいところだが、フジテレビではいま恋愛リアリティー番組「テラスハウス」で出演者の自殺があったことで打ち切りが決まったばかり。同番組はタレントによる過剰な煽りがネット上の誹謗中傷を拡大させたと見られており、注目を集めるためになら人の命をも犠牲にするような無責任な体質が浮き彫りになっている。

 前出スタッフは「BPOが毎度問題だったと結論付けても何も変わらないのがテレビ界」と言っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング