山口達也だけではない! 器物損壊、逃走…過去に飲酒運転で問題を起こしたのに忘れられた芸能人たち!

TOCANA / 2020年9月25日 7時0分

写真

 女子高生への強制わいせつをきっかけにTOKIOを脱退した山口達也が、酒気帯び運転で逮捕された。囁かれていた芸能界復帰の線もこれで完全に消滅した。

 事件が起きたのは、22日の午前9時半ごろ、山口容疑者は排気量1200ccの大型バイク・ハーレーダビットソンで、信号待ちしていた乗用車に激突。基準値の5倍にあたる0.7ミリグラムのアルコールが検出された。山口容疑者は、友人宅に向かう途中だったといい、飲酒運転については認めているという。ネット上では、「朝の9時って、、、時間帯がやばい」「もう常人に戻る気ないじゃん」「これもう治らないやつだよね」など同情にも似た声が上がっていた。

 今年の7月には、国分太一、松岡昌宏、城島茂の3人が、株式会社TOKIOを立ち上げることを発表。メンバーたちは山口と繋がりがあることを強調していたため、どういった形であれ新事務所との契約は濃厚と見られていた。しかし、今回の騒動でその話は消滅と言っていいだろう。山口は、再び元メンバーたちの期待を裏切った形となってしまった。

 芸能界の飲酒運転は珍しいことではない。今回は、特に印象的な事件を紹介したい。

■坂上忍

 お昼の顔としても活躍する俳優の坂上忍は、1995年に飲酒運転による器物損壊事件を起こし、現行犯逮捕されている。当時の報道によれば、坂上は深夜の住宅街で電柱に激突し逃走。駆けつけたパトカーと20分近くカーチェイスを繰り広げている。この事件があったことから、司会者として活躍する坂上に疑問を持つ視聴者は少なくない。今でも芸能人が飲酒運転で事故を起こすたびに、そのコメントが注目されている。

■YOSHIKI

 XJAPANのYOSHIKIは、1994年にロサンゼルスで飲酒運転とスピード違反で逮捕されている。なんとその際に同乗していたのが、現在は俳優・木村拓哉の妻の工藤静香だったというのだから驚きだ。飲酒運転よりも、2人の関係性の方が話題になる珍しいパターンの事件となった。

■元モーニング娘。の吉澤ひとみ

 モーニング娘。の元メンバー・吉澤ひとみは、飲酒運転に加えてひき逃げ事件も起こし、世間を騒がせた。2018年9月、イベント会場に向かう途中の吉澤は東京・山手通りで赤信号を無視して横断歩道に突入。自転車に乗った20代女性をはね、そのまま逃走した。15分後には現場に戻ってきた吉澤だったが、基準値の約4倍のアルコールが検知されたという。元アイドルという事実に加え、ひき逃げの瞬間を記録したドライブレコーダー映像も公開されたことが騒動に拍車をかけた。

 他にも、歌舞伎俳優の中村獅童、お笑い芸人のガリガリガリクソン、当時DA PUMPのメンバーだったSHINOBU、元フィギュアスケート選手でタレントとしても活動する織田信成など、数えたらキリがない。山口の事件は被害者が無傷だったから良いものの、飲酒運転は大事件に繋がりかねないということを肝に銘じたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング