うたのおにいさん・今井ゆうぞうさんが死去、2020年亡くなった有名人たち

TOCANA / 2021年1月6日 7時0分

写真

 NHK「おかあさんといっしょ」で10代目うたのおにいさんとして活躍した歌手の今井ゆうぞうさんが、21日に脳内出血で亡くなっていたことが明らかになった。43歳の若さだった。

 関係者によると、今井さんは今月6日に徳島で行われたクリスマスコンサート中に意識を失い、緊急搬送されていた。その後、15日に今井さんはブログに真っ赤に充血した目の写真をアップ。「病院にかかるのは、いつも怖くなるけど早めに行かなきゃね」「免疫力落ちているのが自分でもわかる」などと書き記していた。

 今井さんに続いて11代目うたのおにいさんを務めた横山だいすけは、ブログで「ニュースを聞いた時、全く理解できなかった」「もう会えないって思うとまだ色んなこと恩返しできないのにって悔やんでしまう」「ゆうぞうさんのご冥福を心よりお祈りしています」と追悼の言葉を綴っている。身体表現のおねえさんとして3年間共演していたタレントでダンサーのいとうまゆはブログで、「言葉にできないくらい残念ですが、今は『なんで』とか『どうしたら』とかそういうことより感謝の気持ちを送り続けたいです」と語っている。

 2020年は、たくさんの有名人たちが惜しまれながらこの世を去っている。


■志村けんさん

 3月29日、国民的人気を誇ったお笑い芸人の志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。感染確認からわずか6日後の出来事だった。70歳という若さもさることながら、著名な芸能人のコロナウイルスに直結した初めての死に多くの国民がショックを受けた。出身地である東京・東村山駅には、志村さんの銅像が設置される予定となっている。


■三浦春馬さん

 俳優の三浦春馬さんは、7月18日に自宅で死亡したことが明らかになった。突然の出来事に俳優仲間などから悲しみの声が上がり、芸能界を騒然とさせた。自殺と報道されているが、遺書など不可解な部分も多くいまだにハッキリとした事実はわかっていない。警察に真相解明の再捜査を求める署名活動にまで発展している。


■竹内結子さん

 女優の竹内結子さんの死も多くの人に衝撃を与えた。9月27日午前2時ごろ、竹内さんが自室のクローゼットで首を吊っているのを夫で俳優の中林太樹さんが発見。病院へ緊急搬送されたものの、死亡が確認された。自殺と見られているが遺書は見つかっておらず、中林さんの証言では子供2人と家族4人で夕食を取るなど、いつも通りに過ごしていたという。

 他にも、俳優の渡哲也さん、女優の岡江久美子さん、女優の芦名星さん、俳優の斎藤洋介さん、俳優の岸部四郎さん、俳優の宍戸錠さん、漫才協会名誉会長の内海桂子さん、元プロ野球選手で監督の野村克也さん、女子プロレスラーの木村花さん、元サッカー選手のディエゴ・マラドーナさん、元バスケットボール選手のコビー・ブライアントさんなど、多くのスターの死が世間を悲しませている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング