みのもんたのTV降板、4カ月前にズバッと予言されていた!! 本田圭佑の未来も......

tocana / 2013年11月28日 15時45分

写真

----30年以上にわたり、スピリチュアル・超常現象研究家の百瀬直也が今話題の不思議ニュースを独自の目線で紹介する。

 松原照子氏といえば、東日本大震災を予言していた人として一躍知られるようになった日本有数の予言者だ。

 松原氏は今年に入ってからも数々の世見(自らの予言をこう呼んでいる)を的中させてきた。たとえば、今年3月5日のブログ「幸福への近道」の記事では「『マヨン火山』って  何所にあるのですか」「この火山がどうかなるのでしょうか」と書いていた。

 マヨン山(2462m)は、フィリピンにそびえる富士山のような火山だが、松原氏が世見した2カ月後の5月7日に噴火した。

 今年6月25日のブログ記事では、「大型台風の当たり年にならなければいいのですが」とある。今年は10月になって台風18号、10年に1度と言われる26号、更に大型の27号と、大型台風が相次いで日本に接近したので、これは的中といえるだろう。

 その松原氏が、今年6月28日の世見で、みのもんた氏とサッカーの本田圭佑選手の近未来をズバリ予言していた。


■6月に予言されていた、みのもんたのTV降板

 この日の記事では、「みのもんたさんが虚ろな顔をしているのが見えて朝の顔から姿を消すのかなぁと思ってしまい、ちょっぴり淋しくなったりして見間違いならうれしいのですが!」と書いていた。

 この世見が意味するところは明白だろう。みの氏の次男である御法川雄斗氏は8月13日未明、港区のコンビニ前で、酔って寝ていた40代の男性会社員のバッグを盗んだ疑いが持たれ、10月に容疑を認めた。

 そして、10月25日、みの氏が、TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」と土曜朝の「みのもんたのサタデーずばッと」を降板すると発表された。

 松原氏が世見した6月当時は、みの氏が「朝の顔から姿を消す」理由など、微塵もなかっただろう。まさに「ズバッと的中」した予言だと言えるだろう。


■【注目】本田圭佑の未来も予言されている!

 また、同じ日のブログ記事では、「サッカーの本田さんの顔が厳しくなったのが見えたりして何かが変わるのかなぁ!」とも書いていた。

 これだけでは、よほどのサッカー通でないと、ちょっと意味不明かもしれない。なぜ本田圭佑選手が厳しい表情になるのか。

 この頃、ロシアCSKAモスクワ所属の本田選手は、年内で同クラブとの契約が切れるため、イタリアの名門ACミランへの移籍話が浮上していた。だが7月になり、CSKAとの金銭的な問題などもあり、ミランへの移籍は結局破談になってしまった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング