空を歩いた男 伝説の大道芸人フィリップ・プティを知っているか?

tocana / 2013年12月15日 14時30分

■犯罪芸術とは?

 犯罪芸術というジャンルがある。たとえばマルキ・ド・サドやオスカー・ワイルドによる性的倒錯。あるいは(アニメーション作品だが)ルパン三世による強盗の数々。社会的には犯罪に分類されるが、同時に芸術としても成立しているような活動のことを指してこう呼ぶ。

 今回はそんな犯罪芸術のなかでも、"世界で最も高い場所で行われた事件"の紹介をしたい。


■事件と犯行名

 犯行主はフィリップ・プティという名の大道芸人。犯罪が行われたのは地上110階、ニューヨーク・ワールド・トレード・センターのツインタワーである。

 罪名は「綱渡り」。

 そう、フィリップ・プティは今はなきツインタワーの間を"棒一本を手に"歩いてしまったのである。


■生い立ち

 フィリップ・プティは1949年フランス生まれ。自伝『マン・オン・ワイヤー』(白揚社)によると、小さい頃からかなりの問題児だったようで、4歳にして他者に対して軽蔑的な態度を示すようになり、あらゆる物に登って人々から遠ざかろうとする奇行が目立ったそうだ。そして、6歳にしてこう宣言したという。

「大きくなったら、舞台の演出家になる!」

 そう宣言して以来、独学で読み書きを身につけたという。しかし、そんな彼の決意と熱意も空しく(?)、素行不良が過ぎて、17歳の時に、ついに両親から勘当されてしまう。その時のことを彼はこう綴っている。

「両親は手に余る個性に対し、17歳の誕生日に法に則って親権を手放すという対応をする。独学で曲芸師、綱渡り師となる。」(『マン・オン・ワイヤー』(白揚社)から引用)

 そして、このことがきっかけとなり、彼は大道芸人として生計を立てることになる。


■世界中で綱渡り

 フィリップ・プティが犯罪芸術家としてキャリアをスタートさせたのは生まれ故郷フランスでのこと。まずは、1971年6月26日、パリのノートルダム大聖堂(地上75メートル)の2つの尖塔の間の綱渡りに成功。この事件は翌日の新聞を派手に飾ることになった。続いて1973年6月3日にはシドニー・ハーバーブリッジ(世界最大のアーチ型鉄橋)の横断に成功。

 この成功から、フィリップ・プティは大きな野望を抱きはじめる。それは、ニューヨークに建設中の超高層ビル・ツインタワー(ノートルダム大聖堂よりもはるかに高い)を綱渡りするというものである。


■綿密な計画

 この野望を現実にするため、アメリカに渡ったフィリップ・プティはすぐさまツインタワーに侵入。どうすれば綱渡りを成功させることができるのか、時には"詐病"まで使って綿密な計画を立て始める。その時のことをこう綴っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング