小平市の英雄犬!? ひとりでTSUTAYAにDVDを返却する、都市伝説犬・こてつ君の日常とは?

TOCANA / 2013年12月27日 17時15分

写真

 今回は、おそらく読者のほとんどが遭遇したことがないだろうという「都市伝説犬」を紹介する。

 最近、筆者が地元の西友花小金井店へ家族と一緒に買い物に行った時のことだ。入口の待ちスペースに、1匹の犬が佇んでいた。その犬は、「ぼくはタダ者ではないよ」というオーラを発していた。

 まず格好がタダ者ではない。オレンジモヒカン、ゴーグルみたいなサングラス、赤のチェックシャツ、ワッペンだらけのジーンズ...。筆者はファッションには疎いが、巷では「オラオラ系」というのだろうか。さらに、首から買い物バッグを下げ、「買物中」の札をつけている。そして、よく観察するとリードにつながれていないのに、店内に入ることもなく、お利口にジッと飼い主が買い物を終えるのを待っているようだ。

 まあ、この程度ならば、幼いころから犬を躾ければ可能かもしれない。だが、これだけではないのだ。

 その後、ネット上でリサーチして得た情報も含めて、こてつ君の超ユニークな点をまとめると、以下のようになる。

・スーパーで、リードにつながれずに、お利口に飼い主を待つ
・ひとりで買い物に行く(複数の店も可能)
・ひとりでTSUTAYAにDVDを返す
・ひとり散歩が好き
・オレンジモヒカンにサングラスという出で立ちは世界でも皆無

 ここまで判明した時点で、これは大スクープではないかと、小躍りした。ごく一部のブログで話題になっている以外は、ネット上でもマスコミでも、ほとんど知られていない、「謎の都市伝説犬」だ。

「ひとりで買い物をする犬」というだけならば中国にいるようだし、日本のどこかにも探せばいるだろう。だが、上に挙げたすべての点にあてはまる犬は、「ナニコレ珍百景」でも「天才!志村どうぶつ園」でも、登場したことがないのではないか。

■こてつ君ってどんな犬?

 犬種は、農場のネズミを捕える目的で作られたドイツが原産のミニチュア・シュナウザー。遊び好きで好奇心旺盛で、いろんなことに参加するのを好むというから、ひとり買い物を躾けたりするのに最適かもしれない。

 こてつ君に遭遇したとブログで書いている人の中には、「こてつメール」なるものをもらった人がいる。その内容は、以下のようなものだ。

「ぼくはミニチュアシュナイザー♂9才こてつ。ひとりさんぽと買い物が大好き。優しいお姉さんはもっと(はあと)デース」

 ちなみに、このメールが届いた人には、幸せがやって来るという都市伝説があるという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング