「日本は核爆弾を作る」 英国の“当たる“予言者クレイグ・ハミルトン・パーカー「2014年の予言」

tocana / 2013年12月31日 14時0分

 今年も残すところあとわずか。2013年は世界各地で自然災害が発生し、多くの人々が命を落とした。政治も経済も相変わらず不安定で先の見えない状況が続いている。

 2014年は一体、どんな年になるのだろうか。すでに多くの超能力者が来年度に起こることを予想しているが、今回はその中でも、実に興味深い予言を発表した英国人超能力者の「2014年の予言」を、ご紹介しよう。

 その超能力者とは、イギリス国営テレビBBCで紹介されたサイキックで、2012年の米穀物大凶作や、2013年の中国の暴動などを当てたクレイグ・ハミルトン・パーカーである。

 クレイグが、自身の公式サイトで発表した2014年の予言は以下の通り。


・ダライ・ラマ14世(78)の健康状態が悪化。継承者として西洋人の名が発表される。

・ローマ法王フランシスコが精神病患者のために新しいスピリチュアル・ミッションを開始。

・シリアはアラウィー派とスンニ派に別れる。
 アサド大統領は雲隠れするが正義から逃れることはできない。

・アメリカのカンサス州とミズーリ州で銃を持った男が大暴れする。
 ロンドンでも同様の事件が起こるが、すぐに取り押さえられる。

・科学者が説明できない深海で光を放つ奇妙なプランクトンが目撃される。
 このプランクトンは宇宙で起きる大きな爆発現象に関連している可能性がある。

・グリーンランドに大文明の遺跡が発見される。

・オプラ・ウィンフリーがスピリチュアル・チャット番組を制作。
 異なる宗教のリーダーが集結する。

・イギリス郵便局がストライキを行う。
 このストライキにはほかの労働組合も加担し輸送機関が停止する。

・イギリスの副首相ニック・クレッグが、自由民主党党首を辞任。

・メキシコ・シティで大規模な火災が起き、市の貧困地区が破滅する。

・ニューオーリンズが再び大洪水に見舞われる。

・工場が大爆発し南アメリカを科学雲が覆う。

・オーストラリアで史上最悪の大規模なブッシュファイア(山火事)が発生。

・日本が国連から猛反対されたにも関わらず核爆弾を作る。

・アメリカの経済は上向き。外国車輸入停止が幸とでる。
 また、中国と大規模な貿易戦争を繰り広げるようになる。

・来年6月にブラジルで開幕されるサッカーのワールドカップで大規模な暴動が発生。
 世界中から来た貧困に抗議する活動家たちにより多くの試合が混乱する。


 クレイグは、外した予言は率直に認め、質問も受け付ける、とてもオープンな超能力者だ。自身の予言について「的中率は100%ではない」と述べているが、これまでかなり高い確率で当てている。

 「日本が核爆弾を作る」や「ブラジルのワールドカップで大暴動」など、不吉な予言が多いクレイグの2014年の予言。果たして予言されたことは起きるのか、予言はどこまで当たるのか。注意深く見守っていきたい。

tocana

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング