惜しくも準優勝も、星陵高校が本田圭佑超えをできた理由とは?

tocana / 2014年1月16日 9時0分

写真

 先日、ACミランでのデビューを飾った本田圭佑。その本田が高校時代に立つことができなかった全国高校サッカー選手権大会決勝の舞台に進んだ星陵高校サッカー部。決勝では2-3と敗れたものの、大健闘の結果といえるのではないか。というのも、強豪高ではあるが、今年のチームには本田のようにプロ入り後に即戦力となるような逸材はいない。失礼ながら、市立船橋や京都橘、富山第一のように、決勝に進むほどの戦力がいたようにも思えないチームが、なぜ勝ちあがれたのか?

 FOOTBALL WEEKLYをはじめサッカー誌は、「守備力を特筆すべき」とレポートしている。

 星陵高校の河崎護監督は、小松屋知哉率いる京都橘を無失点に抑えた試合後に、「特別コーチとして大阪体育大学の北村公紀コーチに二日前に守備を教わった。その二日漬けのディフェンスが活きた。選手7割、北村コーチ3割ですね」と今大会ナンバーワンストライカーに仕事をさせなかった秘訣を明かしている。

 では、実際にどのような試みがあったのか。指導者ライセンスを持つサッカーライターに話を訊いた。

「今年、全日本大学サッカー選手権を制した大阪体育大学。河崎監督は、その大体大出身です。大体大は、近年、フィジカルを技術化して、接触技術として選手たちに教えている。ミシャ・ペトロビッチ監督が、サンフレッチェ広島を率いている時に対戦した後、物凄くフィジカルの強いチームだと舌を巻いたのは有名です。その大体大の北村コーチが今大会、河崎監督をサポートした。たとえば、小松屋君のプレーをスカウティングし、特徴である2つの突破のパターンをみつけ、それをどのような接触技術で防ぐのかというのを徹底した。簡単に言うと、小松屋君には体をつけず、少し間を空けた後に、仕掛けてきた時に体をどのように入れるかなどです。その効果は準決勝で如実にあらわれた。決勝前も、縦に早い富一のオフェンスをどう防ぐかをアップの時に最終確認していました。87分に失点してからは、会場の雰囲気に飲まれてしまいましたが...。星陵が決勝に進めた理由は他にもありますが、河崎監督と北村コーチの指導は的を射たものだったと思います」

 今年、全日本大学サッカー選手権を大体大が制覇し、全国高校サッカー選手権でも大体大の卒業生である河崎監督が決勝まで駒を進めた。日本サッカー協会の元育成担当技術委員長を務めた西村昭宏氏に代表されるように、多くの指導者を輩出している大体大47年の歴史。その蓄積された様々なつながりも、星陵の"本田超え"に一役買っているのではないだ
ろうか。
(TV Journal編集部)

tocana

トピックスRSS

ランキング