飛び跳ねた瞬間に凍結したカエル! 凍ってしまった動物たちの写真が、残酷も美しい

TOCANA / 2014年1月31日 16時45分

写真

 2014年早々、大寒波がアメリカを襲い、さまざまなモノが凍りつくというリアル・『アイス・エイジ』の世界が展開されています。

【画像多数→http://tocana.jp/2014/01/post_3576.html】

 そんな記録的な寒さの影響で、噴水や世界最大の滝であるナイアガラまですべて凍結。また、屋外で水をまき散らせば一瞬で粉雪へと変貌し、炎上中のビルを消化するために水をかけると、凍りつくします。さらに、文明の利器である車には窓の外に"窓状の氷のマド"ができ、扉を明けるために引っ張れば取っ手が取れ、タイヤもホイールがボロボロ。走行不可の状態になってしまいました。

 見るも無残な現状が展開されているアメリカでは、人間はおろか野生動物たちまでも命を取られてしまうという由々しき事態も発生しているようです。
 
 とある池ではきつねが耳をピンと立てたまま凍ってしまいました。

 ぴょんと飛び跳ねた瞬間に凍結したカエルまでいたようです。

 さらに、寒さに強いはずのトナカイやクマまでもが剥製になったかのごとく、氷ついているようです。屋外に出されていた犬の中には目を開けたまま凍死する事態や凍りついた犬に寄り添う子犬という涙なしでは見ることができない残酷なシーンも。

 人間だけでなく、あらゆる生物のためにも早く春の息吹を感じさせる時期になっていただきたいものです。
(文=南はにわ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング