杉村太蔵「森さんは、いい人」 “失言レジェンド“森喜朗元総理を擁護!? 実際は?

tocana / 2014年2月26日 8時0分

写真

「あの娘、大事なときには必ず転ぶんですよね」
「負けるとわかっている団体戦に何も浅田選手を出して恥をかかせることはなかった」

 森喜朗元総理大臣が、そのように浅田真央を批判したというニュースが流れた。当然、発言は問題視され、森が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長を務めることに、疑問の声が挙がっている。

 その一方で、ネットでは「マスゴミが恣意的報道をしているだけ」という森氏を擁護する声もある。というのも、批判されているコメントには前後があったのだ。森の発言の全容を書き起こした文章から、スペースの関係上、一部抜粋して紹介する。

「なんとか頑張ってくれと思って皆見ておられたんだろうと思いますが、見事にひっくり返っちゃいましたね。あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね。なんでなんだろうなと」

「団体戦がありましてね、あれはね、出なきゃよかったんですよ日本は。あれは色んな種目があって、それを団体戦でやる。特にペアでやるアイスダンスっていうんですかね。あれ日本にできる人はいないんですね。あのご兄弟は、(中略)まだオリンピックに出るだけの力量ではなかったんだということですが、日本にはいないもんですから、あの方を日本に帰化させて日本の選手団で出して、点数が全然とれなかった。 あともう皆ダメで、せめて浅田さんが出れば3回転半をすると、3回転半をする女性がいないというので、彼女が出て3回転半をすると、ひょっとすると3位になれるかもしれないという淡い気持ちでね。また見事にひっくり返っちゃいまして、結局、団体戦も惨敗を喫したという。 その傷が浅田さんに残ってたとしたら、ものすごくかわいそうな話なんですね。負けるとわかってる団体戦に何も浅田さんを出して、恥かかせることなかったと思うんですよね。その、転んだということが心にやっぱ残ってますから、今度自分の本番のきのうの夜はですね、昨日というか今朝の明け方は、なんとしても転んじゃいかんという気持ちが強く出てたんだと思いますね。いい回転をされてましたけど、ちょっと勢いが強すぎたでしょうかね。ちょっと転んで手をついてしました。だからそういうふうにちょっと運が悪かったなと思って見ております。」
(荻上チキ・Session-22より引用)

 確かに全文を読むと、浅田を批判していないことがわかる。だが、真意は別として、やはり要職にある人間が講演というパブリックな場で発する内容ではない。
 事実、森は、この手の"失言"に事欠かない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング