ホワイトデーに読みたい 麗しき男女の愛! ~「笑っておくれ、愛しき我が妻よ」 ピンクのチュチュ中年男より~

tocana / 2014年3月13日 21時15分

写真

 中年独特のたるんだ体。白髪まじりの頭、膨らんだ腹、胸毛。お世辞にも美しいとは思えない裸体にピンク色のチュチュだけをまとい、壮麗な風景のなかでポーズをキメる。その姿は正直、奇妙で滑稽だ。でも、単なるキワモノ写真のたぐいじゃない、不思議な暖かみと少しの憂い、純粋さ、そして、突き抜けた明るさと爽快感がある。

【その他の写真はこちらから→http://tocana.jp/2014/03/post_3802.html】

 写真は、ニューヨーク在住のフォトグラファー、ボブ・キャリーの手で撮影されたセルフポートレートだ。ボブはレクサスやマスターカードといった大手企業の広告写真も手がけるアメリカのフォトグラファー。そんな、今年55歳になる彼が自らの裸体をさらし、エキセントリックなコスチューム姿で作品を撮り続けるにいたった経緯には、彼の愛する妻、リンダを突然襲った不幸があった。


■運命の恋人......ボブとリンダの物語

 ボブとリンダが出会ったのは1986年のアリゾナ州フェニックス。大学を出たばかりの2人の初めてのデートはフェニックスの東の街、テンピへのドライブ。2、3時間の短い間だったが会話は自然と溢れ出し途切れることがなかった。そして、お互いに「運命の人」を感じた2人は自然と結ばれることになる。

「『私は彼のものになる』と思ったの。私と同じくらいアートを愛している人に出会ったのは初めてだった」(リンダ)

 結婚生活は幸せだった。リンダは妻として、そしてボブの仕事のマネージャーとして夫を公私ともに支えた。ところが2003年、2人に不幸が訪れる。リンダが乳がんの診断を受けたのだ。乳腺摘出手術や化学療法を受け一時寛解したものの2006年に再発。2人は再び絶望に淵に立たされる。


■ただただ、妻を笑わせたかったんだ

 彼がピンクのチュチュのシリーズ「Ballerina」を撮り始めたキッカケはこの、リンダを襲った乳がんだった。2002年、乳がんが発覚する1年前に、ボブはフェニックスのバレー団からバレーそのものをテーマにした写真作品を作ることを依頼された。この時彼は、チュチュを着た自分のシルエットを撮影したモノクロの作品を制作している。この仕事がのちにピンクのチュチュのセルフポートレートを撮るヒントとなった。

 なぜ上半身裸でピンクのチュチュなのか? 動機はシンプル。死の恐怖に直面し、打ちひしがれながらも賢明に病と闘う妻を、彼はただ、笑わせたかったのだ。笑いに治癒効果があることは医学的にも実証されている。ともすると世間から人格を疑われ、キワモノ扱いされかねないリスクを負いながらの撮影(実際、ニュージャージ州リッジウッドのプールでの撮影時には近隣住民の通報により警官が呼ばれている)は、ボブにとって妻を殺そうとする病魔と共闘するための決意表明であり、ピンクのチュチュはいわば「愛妻のがん」というシビアな現実と闘うためのアーマーだった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング