ブラジルで話題の「触れるだけでガンやエイズを治す」少女!? 神と交信、奇跡を連発!?

TOCANA / 2014年4月4日 18時0分

写真

 ブラジルで、「体に触れるだけで病気を治す」少女がいるとして話題となっています。その少女とは、アラニ・サントスちゃん(8)。彼女は、父親で牧師のアダウト・サントスさんの教会で儀式を行い、これまでに多くの人の病気を治してきたといいます。一体その様子とはどのようなものなのでしょう。

【動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/04/post_3913.html】


 まずは動画をご覧ください。杖がなければ歩くことができなかったお婆さんの体に、アラニちゃんは優しく撫でるように触れます。すると......、あら不思議! お婆さんは杖を使わずに歩けるようになったではありませんか! 周囲は笑顔でお婆さんに起きた奇跡を喜び、ご本人は感激のあまり涙をこぼしています。

 他の動画もご覧ください。後半部分でアラニちゃんは、7年間エイズで苦しんできた男性(白髪で杖をついている)の額に手を優しく乗せました。すると......、あら不思議! 男性はその場で意識を失い、倒れてしまったではありませんか! ビデオからは分かりませんが、この男性のエイズも治ってしまったというのでしょうか。


 過去、英紙「ガーディアン」やネットニュース番組「Vocativ」の取材に答えた父親のアダウトさんによると、アラニちゃんは神様と交信し、神聖なパワーを受け取っているようです。そして病気で苦しむ人々に触れることで、彼らにそのパワーを与え、エイズやガン、関節炎などあらゆる病気を治してしまうそうです。

 アダウトさんの教会は、リオデジャネイロ近郊のサンゴンサーロというスラム街にありますが、犯罪多発地域であるにもかかわらず、週2回の儀式に参加しようとブラジル全国から多くの人がやって来るといいます。近年ブラジルでは、キリスト教「ペンテコステ派」の信者となる人が急増していますが、アラニちゃんの父親のアダウトさんも「ペンテコステ派」の牧師のようです。

 儀式の終わりには多額の寄付を求め、「公式サイト」(http://www.missionarinhaalani.com.br/)を立ち上げてツアーの日程を知らせたり、DVDやポスターの販売に精を出している2人の様子からは、何やら怪しい匂いがプンプンなのですが、ビデオを見る限り皆さん幸せそうにしています。ちなみに、アラニちゃんの将来の夢は「病気の人を治す医者になりたいの」とのこと。えっ、すでにこれほどを持ちながら!? いやぁ、子どもって素直でいいもんですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング