WindowsXP殲滅ゲーム!? マイクロソフト公認の自虐ゲーム「ESCAPE FROM XP」が話題!!

tocana / 2014年4月17日 1時0分

写真

 今年、4月9日にマイクロソフトの「WindowsXP」の公式サポートが終了した。01年に発売されて以後、後継に当たるVistaの不人気も手伝い、順調にシェアを伸ばし続けたものの、08年6月には、マイクロソフトからの出荷は一部を除き終了。だがサポートは今年まで続けられるなど、多く人たちから支持されていた。

【画像やゲームはコチラ→http://tocana.jp/2014/04/post_3967.html】

 だが先日、ついにそのサポートも終了。今後はセキュリティ面の問題も発生することが予想されているため、マイクロソフトはXPからの乗り換えを推奨している。これで長年使用した愛機との別れを余儀なくされる人もいることだろう。

 そのキャンペーンの一環なのだろうか。マイクロソフト社が提供する、webページの検証サイト『modern.IE』にて、とあるブラウザ・ゲームが公開された。その名は「ESCAPE FROM XP」!! 直訳すると「XPから逃げろ」だが、なんと主人公に襲いかかる「ジャンクPC」や「XPで使用されていたアプリケーションソフトのアイコン」などを打ち倒すというゲームなのだ!!

 ゲームの初め方は『modern.IE』社のHPを開くだけ。すると突如、画面に懐かしのXPのデスクトップが表示され、ゲームスタート。ゲーム画面はどことなく、往年のゲーム「メタルスラッグ」を彷彿とさせる。操作方法は、十字キーでその方向へ武器を使い、キャラクターの移動は『W』でジャンプ、『A』で左、『D』で右へと移動。また『Q』で、大ダメージを与えることができるレーザー光線への武器チェンジも可能だ。

 愛すべきXPを叩きのめすのは気乗りしないが、そんなことはお構いなしに敵たちは、絶え間なくうじゃうじゃと湧いて出てくるため、ちょっと油断するとあっという間にゲームオーバーになってしまう。
 
 そして、ゲームオーバーになると、どこからともなくWindowsのロゴが入ったヘリが飛んできて、主人公を救出! その後、古い映画でよく見る自爆ボタンのようなものが画面に浮かび、"押せ"と指示される。そして、これを押すと、ボカンと爆発したかのようなエフェクトが表示され、ゾンビXPたちは消滅してしまう...。まさか過去のものとはいえ、マイクロソフトが自身の商品をゴミのように扱う日が来るとは!!

 使いやすさが受け、多くの人たちに使われ続けたXP。このゲームにて、終わりゆくXPの最後のあがきを堪能してもいいのでは?
(文=ブレンディ佐藤)

tocana

トピックスRSS

ランキング