【注意】4~5月に地震!? 日本は“超ヤバい“状況に!? 予言者・松原照子氏、2014年以降の予言!!

tocana / 2014年4月17日 9時0分

写真

 3.11などを的中させ、日本有数の予言者となった松原照子氏。今回は、松原氏が2014年以降に起きることとして予言していることがらについて、紹介したい。

 以降のすべての世見(松原氏は自分の予言を『世見』と呼ぶ)は、松原氏のブログ「幸福への近道」から引用している。


■今後の経済の見通しは暗い!?

 まず、経済関連の世見だが、昨年12月16日のブログ記事には、「株価の上昇も、もしかすると馬の目の前に吊るした人参かもしれません。来年はあまり欲を出さずに静観している方がいいように思います」(松原照子、ブログ「幸福への近道」より)とあるので、株をやっている方々は、大損しないように注意したほうがいいだろう。

 今後の世界の気象の変動については、昨年12月9日のブログ記事で、「2025年には現在より1.5~3℃地球の気温は上昇することでしょう」とあり、さらに、3月24日の記事では「50年以内に北海道にミカンの花が咲くようになっている」という。どうも地球温暖化の結果としてそうなるらしい。

 同じ記事では、「大都市の大停電。それと、家や車が天高く舞い上がっています」とあるが、一体どんな大災害が起きるというのだろうか。

 そして、松原氏の予言の中で、読者の多くが知りたいと思っているのは、やはり地震・津波などの自然災害に関することだろう。1月12日の記事では、「今後の地震について」と題して、今後揺れそうなところをいくつか指摘している。


■地震について

・3.11の余震域が危険!?

 まず、「東京直下型大地震は今日の時点では年内大丈夫と書きたくなっていますが、油断できないのが三陸沖の南部から北部の海溝寄りと茨城沖も気になる」と書かれており、3.11の余震域を警戒しているようだ。

 さらに3月29日のブログ記事では、「東日本大震災の余震と思われる地震が今度起きた時、起きた場所によっては福島原子力発電所に新たな被害が出るのでは...と気になっているのです」と書いている。同じ記事では、3月はあまり揺れずに終わったが、4月から5月にかけては揺れるのではないか? ともある。


・北海道・和歌山周辺が危険!?

 また、北海道では、国後島沖、根室沖、十勝沖、他に紀伊半島や和歌山周辺も揺れやすいところとして挙げている。気になる南海トラフ地震については、首都直下地震と同様に「年内は大丈夫」としているのでひと安心だが、「南関東も今年からの7年は十分気を付けた方がよい」とあり、首都直下地震が2020年までに起きることを示唆している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
tocana

トピックスRSS

ランキング